ニュース
» 2015年02月23日 16時40分 UPDATE

「東京お台場FreeWiFi」が利用エリア拡大&新規登録サイトの多言語化を実施

ソフトバンクモバイルと東京臨海ホールディングスは、2月23日から「東京お台場FreeWiFi」の新規登録サイトを多言語化するほか、利用エリア拡大を順次実施する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルと東京臨海ホールディングスは2月23日から、公衆無線LANサービス「東京お台場FreeWiFi」の利便性向上に向けた取り組みを順次実施する。

Photo 東京お台場FreeWiFi

 本サービスは国内外からの観光客向けに臨海副都心地区で提供しているもので、新たに公共交通機関「ゆりかもめ」の新橋、お台場海浜公園、台場、船の科学館、青海、国際展示場正門、有明、豊洲の8駅で順次利用可能に。また、2月25日からは新規登録サイトで従来の日本語・英語に加え、中国語(繁・簡)と韓国語での登録にも対応する。

 サービスはメールアドレスを登録すれば誰でも利用可能で、ソフトバンクユーザーは「ソフトバンクWi-Fiスポット」として利用できる。

リリース本文

 以下、リリースの本文です。

1. サービス開始時期

(1)新規登録サイトの多言語化

平成27年2月25日

(2)「ゆりかもめ」Wi-Fi新設

駅名 サービス開始日
新橋 2月27日
お台場海浜公園 2月23日
台場 2月25日
船の科学館 2月25日
青海 2月24日
国際展示場正門 2月24日
有明 2月26日
豊洲 2月27日

[注]

※サービスエリア内でも電波の届きにくい場所があり、ご利用の機器によってはインターネット接続環境が自動的に切り替わる場合があります。

2. 利用エリア

別添の「東京お台場FreeWiFi spot map」をご覧ください。

3. 利用方法

事前にメールアドレスの登録が必要です。

(1)「東京お台場FreeWiFi」のエリアで登録

エリア内で、SSID(FreeWiFi_ODAIBA)でWi-Fi環境に接続後、画面に表示される手順に従いご登録いただけます。なお、登録にはメールの受信環境が必要です。

(2)「東京お台場FreeWiFi」のエリアに行く前に事前登録

「東京お台場.net」にアクセスし、自宅等で事前にご登録いただけます。

4. 利用時間

1日のご利用は最大6時間(1日3回までで、1回あたり2時間まで。2時間以内は何度でもログイン可能)です。午前0時を過ぎると再度利用できるようになります。

5. 画像イメージ(中国語の新規登録サイトの画面です。)

Photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.