ニュース
» 2015年03月31日 19時29分 UPDATE

NTTレゾナントが格安スマホの利用実態に関する調査結果を発表――購入者の約2割が「失敗した」経験あり

NTTレゾナントは格安スマホの利用実態に関するアンケート調査を実施。購入に際し「失敗した」経験があるのは全体の約2割で、60代以上のその理由はサポート面が中心となっている。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTレゾナントは、3月31日に格安スマホの利用実態に関するアンケート調査の結果を発表した。

 これによると最も多い格安スマホの利用者は40代男性で、職業別では主婦層の利用も多い。年代では全体の約10%が60代以上となっている。また、購入して「失敗した」と感じた経験があるのは全体の約2割で、60代以上の失敗した理由は「端末の使い方が分からない」「困った時の相談先がない」といったサポート面が中心となった。

 欲しいサービスについて聞いたところ「さらに料金をお得にするサービスが欲しい」という回答が半数近くとなり、利用料金の削減への要望が強いという傾向が見られた。

リリース本文

 以下、リリースの本文です。

格安スマホの利用実態に関するアンケート調査

《格安スマホの利用層》

 調査結果によると、格安スマホの利用者は男女比ではおよそ7:3の比率で男性が多く、最も利用者が多い層が40代男性という結果となりました。年代でみると全体の約10%が60代以上であり、職業では全体のおよそ15%にあたる主婦層が利用しており、様々な層に格安スマホの裾野が広がっている様子がわかります。

Photo
Photo

《格安スマホで「失敗した」経験者》

 格安スマホを購入して「失敗した」と感じた経験があるのは全体の約2割にのぼります。中でも60代以上が「失敗した」と感じる理由は“端末の使い方がわからない”や“困った時の相談先がない”などサポート面が中心となっています。その背景にはキャリア携帯で手厚いサポートに慣れていたことが背景にあるようです。

Photo

《強い料金削減意向》

 格安スマホに欲しいサービスを確認した所、「さらに料金をお得にするサービスが欲しい」という回答が約半数を占めており、非常に強い料金削減意向が伺えます。

Photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.