ニュース
» 2015年06月09日 09時11分 UPDATE

WWDC 2015:Apple、プログラミング言語「Swift 2.0」をオープンソースに

AppleがiOS、OS X、watchOS向けアプリのための開発言語「Swift 2.0」を発表した。今秋にLinuxにも対応し、オープンソースでリリースする。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは6月8日(現地時間)、年次開発者会議WWDC 2015の基調講演において、プログラミング言語「Swift」の新版「Swift 2.0」を発表した。オープンソースで今秋にリリースする。

 具体的なライセンスなどの詳細は、リリースが近くなってから発表するとしている。

 ソースコードはOSI承認の許容的(permissive)ライセンスで公開する。立ち上げ段階で、OS XとiOSだけでなく、Linuxのポートも提供する。ソースコードにはSwiftのコンパイラと標準ライブラリも含まれる。

 昨年のWWDCで初登場したSwiftよりもコンパイラが速くなり、「Error handling model」や「Protocol extentions」などの多数の新機能が追加される。また、Swift 1.2からの移行ツールも備える。

 swift Swift 2の新機能

 新機能の詳細は、開発者向けのこちらのページにまとまっている。

 Swift 2は、iOS、OS X、watchOS向けのアプリを開発するための言語だ。

 基調講演では、Swift 2の紹介の後、ティム・クックCEOが、App Storeでのダウンロード件数が立ち上げから7年で累計1000億本を超え、開発者の売上高は累計で300億ドルを超えたと発表した。登録アプリ数は150万本という。

 app store

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.