ニュース
» 2015年07月22日 19時24分 UPDATE

リクルート、釣果情報を記録するSNSアプリ「FishBrain」運営会社へ出資――「つりマジ!」との連携も

リクルートホールディングスは、釣りの成果などをシェアできるアプリ「FishBrain」を提供するスウェーデンのFishBrain AB社へ出資を実施。若者を対象とした釣りの無料体験イベント「つりマジ!」とも連携する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 リクルートホールディングスは、7月22日に投資子会社であるRSPファンド6号を通じてスウェーデンのFishBrain AB社へ投資を実施した。

PhotoPhoto FishBrain

 FishBrain AB社は、ユーザーの釣果情報を記録するSNSアプリ「FishBrain」を運営。「どこで」「いつ」「どんな魚が」「どんな仕掛けで」釣れたかを登録できる釣果記録機能、釣果情報をリアルタイムにシェアできる機能、ポイントごとにどんな魚が釣れているか釣果を検索できる機能、過去の釣果情報を分析して釣れる時間帯を予測する機能を提供している。

 2015年6月時点でのユーザー数は米国を中心に100万人を突破しており、今回の資金調達でグローバル展開の加速、既存サービスの機能向上を図る。

 また、リクルートライフスタイルの観光に関する調査・研究、地域振興機関「じゃらんリサーチセンター」が実施する、19〜22歳を対象とした釣りの無料体験イベント「つりマジ!」とも連携。釣り市場の活性化を目指す。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.