ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「じゃらん」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「じゃらん」に関する情報が集まったページです。

じゃらんの調査:
「日帰りで行ける、絶景温泉ランキング」 旅行需要回復で温泉ニーズ高まる
新型コロナウイルス5類化移行に伴い、旅行ニーズが高まっている。国内では特に温泉旅行人気が高いようだ。「日帰りで行ける、絶景温泉のランキング」を見てみよう。(2024/2/3)

年末年始の旅行の行き先ランキング 3位「大阪府」、2位「北海道」、1位は?
旅行を「年末年始の旅行」「年末年始を除く冬の旅行」に分け、行き先や宿泊予定金額などを調査した。(2023/12/21)

スピン経済の歩き方:
ゼクシィの「同性カップル広告」狙いはどこに? 背景に未曾有のブライダル不況
結婚情報誌「ゼクシィ」の広告が話題になっている。JR渋谷駅の近くに、同性カップルや事実婚のカップルを起用したところ、賛否両論の声が……。(2023/12/5)

行ってみたい冬の花火イベント 3位「洞爺湖温泉冬花火」、2位「お台場レインボー花火」、1位は?
冬にも数多く開催される花火イベント。中でも人気を博するのはどれか。旅行情報誌『じゃらん』が調査結果を発表した。(2023/11/26)

国内なのに「まるで海外」な絶景スポット 3位「雄川の滝」、2位「天神崎」、1位は?
国内にもかかわらず、海外のような絶景が楽しめる場所はどこか。『じゃらん』が調査結果を発表した。(2023/11/18)

夜の紅葉絶景ランキング 3位「河鹿橋」、2位「なばなの里」、1位は?
旅行情報誌「じゃらん」を発行するリクルートは、「紅葉絶景スポット」に関する調査を実施した。1位は……。(2023/10/14)

国外でも支払い遅延:
宿泊施設への支払い遅延、原因は「システムメンテ」と主張 「Booking.com」運営元が謝罪
「Booking.com」経由での宿泊代金が、加盟する宿泊施設に支払われていない件について、運営元は、遅延の原因が決済システムのメンテナンスだったと発表した。宿泊施設への支払い遅延は、国内外で問題となっている。(2023/10/11)

人口400人:
“限界集落”をグランピングで町おこし 売り上げが20倍超になった納得理由
岡山県津山市・阿波地区。人口400人ほどで、高齢化も進む地域に21年、グランピング施設がオープンした。一体なぜ、観光地でもないエリアにオープンしたのか。背景には、自治体ならではの課題があった。(2023/9/25)

「秋が見頃の絶景スポット」ランキング 2位「仁淀川」、1位は?
リクルートが発行する旅行情報誌『じゃらん』は、「秋が見頃の絶景スポット」に関する調査を実施した。1位は……。(2023/9/10)

じゃらん調査、3位以下は初めて:
順位が落ちた理由は? 沖縄旅行の満足度、2位→9位に
リクルートの調査研究機関じゃらんリサーチセンターは、2022年度の国内宿泊旅行の調査結果を発表した。沖縄来訪者の満足度……。(2023/9/5)

満足度が高い「道の駅」 2位は宮城県「あ・ら・伊達な道の駅」、1位は?
リクルートが発行する旅行情報誌「じゃらん」は、道の駅に関するアンケート調査を実施し「全国道の駅グランプリ2023」を発表した。(2023/9/2)

泊まれる意外なスポットランキング 2位「清和高原の宿」、1位は?
リクルートが発行する旅行情報誌『じゃらん』は「意外な宿泊スポット」に関する調査を実施した。ランキングの1位は……。(2023/8/10)

「お祭り好き」が多そうな都道府県 3位「東京都」、2位「青森県」、1位は?
旅行情報誌「じゃらん」を発行するリクルートは、お祭り好きが多そうな都道府県ランキングを発表した。お祭り好きが多そうだとイメージする都道府県1位は……。(2023/7/23)

夏休みにオススメ「お仕事体験」ランキング 1位の職業は?
リクルートが発行する旅行情報誌『じゃらん』は、夏休みにオススメお仕事体験ランキングを発表した。小学生以下の子どもがいる親に聞いたところ……。(2023/7/14)

今日のリサーチ:
訪日インバウンドの注力ターゲット、トップ3は「台湾」「米国」「オーストラリア」――リクルート調査
コロナ禍で蒸発してしまった訪日インバウンド需要が急激に回復しつつあります。地域の担当者はどの国・地域の人々を誘致したがっているのでしょうか。(2023/7/6)

青春を思い起こす「ご当地パン」 3位「ポテチパン」、2位「のっぽパン」、1位は?
情報誌「じゃらん」を運営するリクルートは、全国の20〜50代男女1000人を対象に、「青春を思い起こさせるご当地パン」についてアンケートを実施した。(2023/7/9)

1万人が選ぶ「憧れのラグジュアリーホテル」 関東・関西1位は?
リクルートは、45都府県の20〜50代男女を対象に実施した「泊まってみたい憧れのホテルランキング」を発表した。(2023/7/9)

1000人が選ぶ「深呼吸したくなる新緑カフェ」 トップ3は?
リクルートは、全国の20〜50代を対象に「深呼吸したくなる新緑カフェ」についてアンケートを実施した。(2023/7/8)

無印良品「レトルトカレー」売上ランキング 3位「グリーン」、2位「牛バラ肉の大盛りカレー」、1位は?
情報誌「じゃらん」を運営するリクルートは、無印良品「レトルトカレー」売上ランキングを発表した。(2023/7/3)

『じゃらん』調べ:
満足度が高い「観光地」ランキング 関東・関西の1位は?
リクルートが発行する旅行情報誌『じゃらん』は、人気観光地の満足度ランキングを発表。満足度が高い関東の観光地1位は……。(2023/6/27)

「東京から1時間の温泉宿を教えて」に回答 「じゃらん」に「AIチャットで提案」機能
「じゃらん」に、自然文で宿を検索できる「AIチャットでご提案」機能のβ版が実装された。Microsoftの「Azure OpenAI Service」を活用している。(2023/5/31)

「ギョーザ」と聞いて思い浮かべる都道府県 3位「大阪府」、1位に選ばれたのは?
リクルートが発行する旅行情報誌『じゃらん』は「ギョーザと聞いて思い浮かべる都道府県」を調査し、結果を発表した。(2023/5/25)

じゃらん調べ:
1日遊べるSA・PAランキング 3位「EXPASA富士川」、2位「川島PA」、1位は?
(2023/4/30)

市場規模は1000億円超:
全国の絶景・お花見スポット 3位「総本山三井寺」、2位「小岩井農場の一本桜」、1位は?
今年もお花見のシーズンが到来する。リクルートが発行する旅行情報誌『じゃらん』は、桜の絶景スポットに関するインターネット調査を2月に実施。絵画のような桜の絶景が楽しめる人気スポットを全国1081人に聞いた結果、1位は静岡県「龍巌淵」(りゅうがんぶち)、2位は岩手県「小岩井農場の一本桜」、3位は滋賀県「総本山三井寺」がランクインした。(2023/3/12)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
経営と現場の板挟みになりがちなガバナンス、優先してやるべきことを明確に――リクルート 鴨志田昭輝氏
リクルート社内のセキュリティ組織を立ち上げ、「なるべくガバナンスをしない」を旗印にセキュリティインシデント対応に当たってきたが、今度は「ガバナンス担当」を命じられ、もがきながらも前進している。 (2023/3/7)

前年比110%以上の閲覧数の記録:
「観光関連Webサイトの閲覧ランキング」 2位「楽天トラベル」、1位は?
日本観光振興協会とヴァリューズは「2022年の観光関連Webサイトの年間推計閲覧者数」を調査した。「旅行・交通」カテゴリのほとんどのWebサイトで閲覧者数が前年比110%以上に回復した。最も見られたWebサイトは?(2023/3/2)

1100人に聞いた:
昭和レトロな温泉街ランキング 3位「長野・渋温泉」、2位「山形・銀山温泉」、1位は?
リクルート(東京都千代田区)が発行する旅行情報誌『じゃらん』は「レトロ温泉街」に関する調査を実施した。約1100人に、昭和の時代にタイムスリップしたような温泉街を尋ねたところ、1位は群馬県の四万温泉が選出された。(2023/1/29)

石野純也のMobile Eye:
他社比較で浮かび上がる「d払い/dポイント」の課題 ドコモが推し進める改革とは
dポイント、d払い、iD、dカードといった、各種決済・ポイントサービスを抱えているNTTドコモだが、一体感に欠けていた。競合他社を見ると、サービス連携をしつつ、各サービスの機能面はもちろん、マーケティングにも横ぐしを刺しているケースが多い。同社はカンパニー制度を導入して、機動力を高める方針を打ち出した。(2023/1/21)

支持される傾向は?:
東京駅周辺の「並んででも買いたい冬みやげ」ランキング じゃらん調べ
「東京駅周辺で購入できる、並んででも買いたい冬みやげ」を『じゃらん』が調査。どういった商品が支持される傾向にあるのか。(2022/12/29)

リクルートが調査:
人気温泉地ランキング 3位は「登別温泉」、2位は「草津温泉」、1位は?
リクルートは、旅行サイト「じゃらんnet」の会員を対象に、「温泉地利用に関するアンケート」を実施した。全国人気温泉地ランキング(もう一度行ってみたい温泉地)1位は前年2位だった「箱根温泉(神奈川県)」が選ばれた。(2022/12/13)

よく使われているアプリ 3位は「Instagram」、2位「PayPay」、1位は?
マーケティング調査・コンサルティングサービスを提供するヴァリューズ(東京都港区)は、全国の20歳以上の男女ヴァリューズモニターを対象に、1〜10月のwebサイトのアクセス数、スマートフォンのアプリの起動数を調査しランキングを発表した。(2022/12/12)

じゃらん1100人アンケート:
首都圏の人気イルミネーション 2位「さがみ湖イルミリオン」、1位は?
『じゃらん』はこの冬開催される「イルミネーション」に関する調査を実施した。首都圏の人気イルミネーションをランキング化したところ、1位は「あしかがフラワーパーク『光の花の庭』」(栃木県)が選ばれた。(2022/11/26)

「行ってみたいスーパー銭湯」ランキング 2位は「京都 竹の郷温泉 万葉の湯」、1位は?
旅行情報誌「じゃらん」は「スーパー銭湯」に関する調査を実施した。「一度行ってみたい」と思う最新スーパー銭湯3位は「神馬の湯」、2位は「京都 竹の郷温泉 万葉の湯」だった。(2022/11/19)

ソニーG系企業が算出:
10月のテレビCM放送回数ランキング 3位「スーパー自動車保険」、2位「ニトリ」、1位は?
ソニーグループ傘下でマーケティング事業を手掛けるSMNが「2022年10月度テレビCM放送回数ランキング」を発表。放送回数2位は「ニトリ」、3位は「スーパー自動車保険」という結果になった。(2022/11/18)

じゃらんが調査:
日本全国の「絶景紅葉」ランキング 2位は「蔵王ロープウェイ」、1位は?
リクルートが発行する旅行情報雑誌「じゃらん」は「絶景紅葉」に関する調査を実施した。2位は山形県の「蔵王ロープウェイ」、1位は?(2022/10/22)

全国旅行支援、東京都でも20日スタート 特設サイトにアクセス集中、一時つながりにくく
観光庁が10月11日に開始した旅行代金を最大40%補助する「全国旅行支援」において、20日から東京都の支援施策「ただいま東京プラス」の受け付けがスタートした。特設サイトはアクセスが集中し、つながりにくい状態となった。(2022/10/20)

東京への旅行が安くなる全国旅行支援、20日正午に発売
東京都は20日、都内への旅行/宿泊を対象とする全国旅行支援「ただいま東京プラス」を始める。オンラインを含む登録旅行事業者やホテルなどは同日正午から対象旅行商品の販売を始める。(2022/10/20)

東北地方のホテルが10月の週末はほぼ満室――「全国旅行支援+JR東日本パス」狙い予約殺到か
期間限定「JR東日本パス」で周遊しようとしたらホテルがない!?(2022/10/12)

「全国旅行支援」の影響がフリマサイトにも? PayPayフリマで「旅行用品」の検索数が急増 2週間で約5.7倍に
「PayPayフリマ」で「旅行用品」というワードの検索数が急増。9月23日から10月7日にかけての検索数は、直前の2週間(9月8日〜22日)に比べ約5.7倍という。旅行代金の一部を補助することで観光需要を喚起する観光庁の施策「全国旅行支援」の影響とみられる。(2022/10/12)

「全国旅行支援」がスタート 一部地域では早速予約終了に 一時接続障害になるサイトも
観光庁は、旅行代金の一部を補填することで観光需要を喚起する「全国旅行支援」を始めた。各旅行予約サイトで受け付けを始めているが、一部地域ではすでにキャンペーンを終了している場合もあり、大きな反響を呼んでいる。(2022/10/11)

ゴッホ「ひまわり」をイメージした部屋に泊まれる KADOKAWA「ところざわサクラタウン」内のホテルで1日4部屋限定
宿泊なしでも楽しめるオリジナルコラボディナー(全7品)も。(2022/10/4)

旅行代金40%引きの「全国旅行支援」いよいよスタート【最新情報まとめ】
期間は? 何が割引になるの? 「県民割」と何が違う? 最新情報を随時更新しお届けします。(最終更新日時:2022年10月19日22時00分)(2022/10/3)

旅行代金が40%オフ、観光庁の新施策が10月11日スタート じゃらんや楽天トラベルなどの対応は?
観光庁は9月26日、旅行代金の一部を補填することで観光需要を喚起する「全国旅行支援」を10月11日から始めると発表した。対象は全国で、ホテル代などを40%割り引く。期間は12月下旬までを予定している。(2022/9/27)

行楽シーズン到来:
一度は行きたい秋の花絶景ランキング 3位「那須フラワーワールド」、2位「観光農園 花ひろば」、1位は?
リクルート(東京都千代田区)が発行する旅行情報誌「じゃらん」は、「秋の花絶景」に関する調査を実施した。その結果、「一度は行きたい秋の花絶景ランキング」の1位は「国営ひたち海浜公園」、2位は「観光農園 花ひろば」、3位は「那須フラワーワールド」となった。(2022/9/27)

数百にも上るプロダクト施策を担う:
PR:マーケターが成長を描くために何が必要か? フィールドを限定せず、「個」の可能性を広げるリクルート マーケティング室スタイルとは
短いサイクルでトレンドや常識が激変し、求められるスキルが変わるマーケティング職。複雑化するデジタル情報を駆使してプロダクトを魅力的にアピールし、市場にインパクトを与えるなどの成果を目指す、やりがいのある職種だが、「マーケティングのフィールドが限られている」などもどかしい思いをするマーケターも少なくない。先進的かつ多様なプロダクトを数々打ち立て続けるリクルート。そのマーケティング戦略を一手に担うマーケティング室のカルチャーから、今求められるマーケター成長戦略を学ぶ。(2022/9/27)

リクルートが調査:
水がおいしそうな都道府県ランキング、3位は「山梨県」、2位は「北海道」、1位は?
リクルートは、全国の20〜50代男女を対象に、「水がおいしそうな都道府県ランキング」を調査し発表した。水がおいしそうだとイメージする都道府県1位は?(2022/9/19)

「旅の満足度」が1位:
「近畿のオマケ」和歌山行きの飛行機に、なぜ客が増えているのか
いま、和歌山県に熱い視線が注がれている。白浜町の南紀白浜空港は今年4月以降、搭乗客数が4カ月続けて月別の過去最多を更新。旅行専門誌「じゃらん」が7月に発表した宿泊旅行調査の「都道府県魅力度ランキング」では、北海道や沖縄を抑え総合満足度1位に輝いた。県民自ら「近畿のオマケ」と卑下するなど、影の薄さが目立ってきた和歌山県。一体何が起きているのか。(2022/8/24)

じゃらんが調査:
学びになる「工場見学」ランキング 3位「元祖食品サンプル屋」、2位「JAL」、1位は?
旅行情報誌「じゃらん」は、子どもを持つ親約1000人にアンケートを実施し「子どもの学びになりそうな工場見学ランキング」を発表した。1位は「造幣局さいたま支局」(埼玉県)だった。(2022/8/13)

国内でも遠出したいニーズ:
この夏注目の旅行先 検索TOP3に「淡路島」「京都」 傾向は?
ヴァリューズは、全国の20歳以上の男女に、「今夏の旅行予定に関する消費者アンケート」を行った。この夏注目の観光地について検索ワードのランキング上位10位を見ると、淡路島・大阪・北海道・東京といったエリアの検索者数が増加していることが分かった。(2022/7/27)

「じゃらん」が全国1000施設から選出:
満足度が高い「道の駅」 2位は宮城・上品の郷、1位は?
リクルートが発行する旅行情報誌「じゃらん」は「道の駅」に関するアンケート調査を実施し「全国道の駅グランプリ2022」を発表した。約1000の道の駅(北海道、沖縄を除く)の中から1位になったのは群馬県「道の駅 川場田園プラザ」だった。(2022/7/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。