ニュース
» 2015年08月10日 22時30分 UPDATE

格安SIM定点観測:IIJmioとOCNの動きに注目――2015年7月音声通話編 (1/2)

7月の音声対応格安SIMは、「IIJmio」のイオンにおけるMNP即日転入対応と端末直販の動き、「OCN モバイル ONE」の特定サービスにおける通信量“不算入”の動きに注目だ。

[井上翔,ITmedia]

 6月は、イオンやヨドバシカメラなどで「BIGLOBE LTE・3G」がMNP即日転入に対応し、「NifMo」のIP電話ベースの通話定額サービス「NifMoでんわ」の提供延期が話題となった。

 7月は、大手スーパーで複数のMVNO事業者へのMNP(携帯電話番号ポータビリティ)即日転入が始まったり、あのMVNO(仮想移動体通信事業者)が満を持して端末販売に参入したり、特定のサービスに対するパケット課金を行わないMVNOが出現したことなどが話題となった。(記事中の料金は、特記のない限り税別。7月31日までの情報をもとに作成)

イオンで「BIGLOBE LTE・3G」と「IIJmio」の即日転入が可能に

 スーパーマーケット大手のイオンリテール(イオン)の携帯電話コーナー「イオンモバイル」では、日本通信、インターネットイニシアティブ(IIJ)、ビッグローブ、ソネットの格安SIMカードを取り扱っている。また、これら4社の音声通話対応SIMと、SIMロックフリーのスマートフォンをセットにした「イオンスマホ」も取り扱っている。

 イオンスマホは、即日渡し対応の店舗であれば、その場で買って帰ることもできる(一部機種を除く)。しかし、MNP転入を伴う場合、本体はその場で持ち帰ることができても、SIMカードの受け取りが3〜5日後、という格安音声SIMならではの“問題”を抱えていた。

 そんな中、ビッグローブの「BIGLOBE LTE・3G」とインターネットイニシアティブ(IIJ)の「IIJmio」の音声対応サービスが、イオン店頭でのMNP即日転入に対応することを発表した。

 記事掲載時現在、ビッグローブの即日受け付けは、イオン浜松市野店(浜松市)で、イオンスマホ購入時のみ対応する。IIJの即日受け付けは、「みおふぉん」(音声通話パック)の取扱店のうち、イオン大和郡山店(奈良県大和郡山市)とイオン茨木ビブレ店(大阪府茨木市)を除く209店舗で対応する。

 格安SIMのMNP即日転入対応は入念な準備が必要だ。機材の導入にはそれなりの費用がかかる上、それを操作する人員の教育にもそれなりに時間がかかるからだ。そのため、月に数店舗ずつ展開するのも大変であると言われている。そう考えると、IIJがイオンだけでも209店舗一斉に即日転入に対応する、というのはかなり画期的なことである。

 このような一斉展開をほかのMVNOもできるようになれば、音声対応格安SIMにMNPする際の問題は“過去”のものになるのかもしれない。

photo 一気に209店舗のイオンでMNP転入を含めた音声通話の即日受付を開始したIIJmio。これだけの一斉対応は、筆者の知る限り、MVNOとしては初めて

「IIJmioサプライサービス」で端末販売に参入するIIJ

 インターネットイニシアティブ(IIJ)の個人向けMVNOサービス「IIJmio 高速モバイル/Dサービス」は、今までSIMカードあるいはスターターパック(契約申込みパック)の単品販売のが基本だった。端末が必要な場合は、ユーザーが自分で用意するか、SIMカードやスターターパック(契約申し込み用パッケージ)を販売する店舗で購入してほしい、というスタンスを取っていたのだ。

 しかし、格安SIMのユーザー層が中・上級者から初心者に広がる中、端末のセット販売への需要が確実に高まっている。競合MVNOもセット販売を強化する中、IIJも「IIJmioサプライサービス」という名称で、端末のセット販売に参入することになった。

 IIJmioサプライサービスでは、SIMカードと端末の同時購入だけではなく、既存のIIJmioユーザーが端末を単品購入することも可能だ。音声SIM・データSIM両方に対応している。また、端末の分割払い購入オプション(24回払い)や、端末の水ぬれや全損にも対応できる「端末補償オプション」(月額380円)も用意している。

 端末の分割払いについて、一部のMVNOでは支払い時に使うクレジットカードの分割払い機能を案内していることもあるが、IIJmioサプライサービスの場合は、IIJが端末を「リース」(貸し出し)する形態を取っている(※)。要するに、分割払いが完了しないと端末が“自分のもの”にならないので注意しよう。

※DMM.comの「DMM mobile」も同様の方法で自社で分割払いを引き受けています

 「端末が必要だけど、どこで買えばいいのか分からない」というユーザーにとっては、端末のセット販売サービスはうれしいことには違いない。IIJmioサプライサービスは、まだ取り扱い端末が少ないことが気になるが、今後の拡充には大いに期待したい。

photo IIJサプライサービスで販売される「IIJmioスマホ」第1弾の「Huawei P8lite」。リース販売形式での分割払いにも対応する

自社サービスのパケット通信料を“無料”にした「OCN モバイル ONE」

 大手キャリアの料金確認サイトや、大手キャリアの端末のソフトウェア更新では、自社ISP経由で通信するとパケット通信料が無料となることがある。仕組みを大ざっぱに説明すると、ネットワーク側で特定のサーバと通信していることを検知すると、その通信分には課金しない処理することで実現している。

 もしも、MVNOが同じような仕組みを導入できれば、会員用Webページの閲覧や、通信状況確認アプリの通信など、サービスに関係する通信は通信容量にカウントしない、ということも理論上は可能なはずである。特に、高速通信のオン/オフを切り替えて料金を節約できる格安SIMであれば、そのありがたみは大きくなるはずだ。

 いつか、データ通信速度の切り替えや料金確認をタダ(通信容量ノーカウント)でできるMVNOが登場しないかな――と思っていたところ、NTTコミュニケーションズの「OCN モバイル ONE」が特定の通信で容量をカウントしない「カウントフリー機能」の提供を開始した。音声通話SIM・データSIM両方で対応している。

 カウントフリー機能では、モバイル ONEアプリ、OCNマイページ(会員ページ)はもちろん、同社の「050 plus」「マイポケット プラス」両アプリにおける通信がパケット通信容量としてカウントされない。ただし、自社外のサーバーを経由する必要があるプッシュ通知や、連携する他のアプリ・サービス、アプリ内に広告表示などは容量カウントの対象となる。

 音声通話対応の格安SIMは、大手キャリアのような通話定額プランが用意されていない。そこで、プレフィックス通話やIP電話を活用して通話料金を低く抑える取り組みがなされている。OCN モバイル ONEでは、IP電話アプリの050 plusがその役割を担っているが、従来はこのアプリでの通話分も通信量にカウントされていたため、通話をしすぎると通信が遅くなって不快に、ということが実際に起こっていた。それが、今回のカウントフリー機能によって、050 plusで通話しても、通信速度の低下に直接影響しなくなる。「通話定額(割引)を使いたいけど、ガンガン通話したせいで通信速度が落ちてしまうのは……」、と気にしていたユーザーには朗報であるはずだ。

※OCN モバイル ONEの音声通話SIMでは、050 plusをSIMカード1枚につき1番号まで無料で利用できるサービスがある

photo OCN モバイル ONEでスタートした「カウントフリー機能」。「050 plus」と組み合わせると、通話料金を大幅に抑えられる

 OCN モバイル ONEのカウントフリー機能のような「特定のアプリ・Webサイトに対する通信には課金しない」サービスは、これからのMVNOの新たな競争軸になりうると筆者は考えている。格安SIMを提供するMVNOの中には、動画・音楽などのマルチメディアコンテンツを提供している事業者もある。自社のコンテンツの視聴・ダウンロードに限り通信量無料とすれば、自分のよく使うサービスに合ったSIMカードを買う、という新たな需要が生まれることも考えられるのだ。

 ただし、課題もある。無料対象のサービスの通信量が増えすぎてしまうと、それ以外の通信を巻き添えにして品質が低下してしまう可能性も大きいのだ。現在、大手キャリアとMVNOとの間の回線貸借は帯域(1秒間あたりの通信速度)単位で行っている。無料対象のサービスによる通信が増えた場合、品質を維持・向上するために大手キャリアから借りる帯域を追加する必要がある。無料通信からそのコスト原資を直接賄うことは不可能なので、別のところでコストを負担できる仕組みが必要となる。各MVNOのビジネスモデル次第だが、今後、特定アプリ・サービスの通信料を無料にする取り組みが出てくるか、注目したい。

まとめ(新情報は赤線)

  • 「DMM mobile」に通信速度制限付きの「ライト」プランと、高速通信可能な容量のより大きい「15GB」「20GB」プランが登場。音声SIMではいずれも、業界最安値に
  • データ速度制限なしのプランでは、「DMM Mobile」が各プランともに最安値を維持。
  • 通信速度制限つきプランでは、月額1140円の「DMM mobile」ライトプランが最安値奪取。ただし、通信速度は上下200kbps
  • 段階制定額の「FREETEL SIM」は月額999円で、100Mバイトまでの高速通信が可能。単純な維持費の最安はこれ
  • U-mobileの「LTE使い放題2」なら、月2730円でLTE通信が使い放題(1年契約)
  • OCN モバイル ONEは、月2500円で15Gバイト利用できる(通信速度は500kbps)
※初出時に「ソネットの『LTE使い放題2』」としていましたが、正しくは「U-mobileの『LTE使い放題2』」です。おわびして訂正いたします(8/18 10:50)。

音声通話ができるサービス一覧
プラン名 月額料金
(音声通話料+データ通信料)
通話料 無料通話分
(月間)
通信速度
(超過後通信速度)
データ通信量
(上限/期間)
SIMサイズ
FREETEL SIM
使った分だけ安心プラン
音声通話付き
999円〜3170円
(6段階制)
20円/30秒 なし 225Mbps
(200kbps)
10Gバイト 標準
micro
nano
DMM mobile
通話SIMプラン
ライト/1GB/2GB/3GB/5GB/
7GB/8GB/10GB/15GB/20GB
1140円/1260円/1470円/1550円/1970円/2560円/2840円/2950円/5270円/6790円 20円/30秒 なし 225Mbps
(200kbps)
(ライトプランは常時200kbps)
なし(ライト)
1Gバイト/月
2Gバイト/月
3Gバイト/月
5Gバイト/月
7Gバイト/月
8Gバイト/月
10Gバイト/月
15Gバイト/月
20Gバイト/月
標準
micro
nano
ワイヤレスゲート
Wi-Fi+LTE音声+250Kbps
データプラン
1204円 20円/30秒 なし 250kbps なし 標準
micro
nano
ワイヤレスゲート
Wi-Fi+LTE音声+データプラン
3G
5G
8G
1574円
2130円
3241円
20円/30秒 なし 225Mbps
(250kbps)
なし 標準
micro
nano
freetel mobile
ネットし放題1GB 電話プラス
2GB
3GB
5GB
7GB
1270円
1480円
1780円
2480円
2880円
10円/30秒 なし 225Mbps
(128kbps)
1Gバイト/月
2Gバイト/月
3Gバイト/月
5Gバイト/月
7Gバイト/月
標準
micro
nano
楽天モバイル
ベーシックプラン
1250円 20円/30秒 なし 200kbps なし 標準
micro
nano
楽天モバイル
3.1GBパック
1600円 20円/30秒 なし 225Mbps
(200kbps)
360Mバイト/3日
3.1Gバイト/月
標準
micro
nano
楽天モバイル
5GBパック
2150円 20円/30秒 なし 225Mbps
(200kbps)
800Mバイト/3日
5Gバイト/月
標準
micro
nano
楽天モバイル
10GBパック
2960円 20円/30秒 なし 225Mbps
(200kbps)
1.2Gバイト/3日
10Gバイト/月
標準
micro
nano
OCN モバイル ONE
音声対応SIMカード
110MB/日コース
1600円
(700円+900円)
20円/30秒 なし 225Mbps(200kbps) 110Mバイト/日 標準
micro
nano
OCN モバイル ONE
音声対応SIMカード
170MB/日コース
2080円
(700円+1380円)
20円/30秒 なし 225Mbps(200kbps) 170Mバイト/日 標準
micro
nano
OCN モバイル ONE
音声対応SIMカード
3GB/月コース
1800円
(700円+1100円)
20円/30秒 なし 225Mbps(200kbps) 3Gバイト/月 標準
micro
nano
OCN モバイル ONE
音声対応SIMカード
5GB/月コース
2150円
(700円+1450円)
20円/30秒 なし 225Mbps(200kbps) 5Gバイト/月 標準
micro
nano
OCN モバイル ONE
音声対応SIMカード
500kbps(15GB/月)コース
2500円
(700円+1800円)
20円/30秒 なし 500kbps(200kbps) 15Gバイト/月 標準
micro
nano
ぷららモバイルLTE
定額ライトプラン 音声通話プラス
1600円 20円/30秒 なし 225Mbps
(200kbps)
70Mバイト/日 micro
nano
ぷららモバイルLTE
定額プラン 音声通話プラス
2586円 20円/30秒 なし 225Mbps
(200kbps)
7Gバイト/月 micro
nano
ぷららモバイルLTE
定額無制限プラン 音声通話プラス
3460円 20円/30秒 なし 3Mbps 無制限 micro
nano
携帯電話SIM
(音声プランS/M/L)
(日本通信)
1290円
2290円
3710円
(データ通信料なし)
20円/30秒
18円/30秒
14秒/30円
1300円(最大32.5分)
2700円(最大75分)
5000円(最大178.5分)
標準
micro
スマホ電話SIM
フリーData
(日本通信)
1560円 20円/30秒 なし 225Mbps
(1Gバイト超過時は速度制限あり)
1Gバイト/月
(1/2/3/7Gバイト分を追加できる「高速データオプション」を有料オプションで利用可能。)
標準
micro
nano
Platinum SIM(スマホ電話SIM フリーData)(iPhone向け) 3980円 20円/30秒 なし 200kbps 7Gバイト/月
(1年継続オプション加入で1Gバイト分増設可能)
nano
mineo
デュアルタイプ
1310円(500Mバイト)
1460円(1Gバイト)
◇1590円(3Gバイト)
2190円(5Gバイト)
20円/30秒 なし 150Mbps
(200kbps)
500Mバイト/3日
500Mバイト/月
1Gバイト/月
3Gバイト/月
5Gバイト/月
micro
nano
BIGLOBE LTE・3G
音声通話SIM
音声通話スタートプラン
1600円 10円/30秒 なし 225Mbps
(128kbps)
120Mバイト/3日
1Gバイト/月
標準
micro
nano
BIGLOBE LTE・3G
音声通話SIM
エントリープラン
1800円 10円/30秒 なし 225Mbps
(128kbps)
360Mバイト/3日
3Gバイト/月
標準
micro
nano
BIGLOBE LTE・3G
音声通話SIM
ライトSプラン
2405円 10円/30秒 なし 225Mbps
(128kbps)
600Mバイト/3日
6Gバイト/月
標準
micro
nano
BIGLOBE LTE・3G
音声通話SIM
ライトMプラン
3738円 10円/30秒 なし 225Mbps
(128kbps)
1Gバイト/3日
8Gバイト/月
標準
micro
nano
BIGLOBE LTE・3G
音声通話SIM
スタンダードプラン
4690円 10円/30秒 なし 225Mbps
(128kbps)
1Gバイト/3日
10Gバイト/月
標準
micro
nano
IIJmio高速モバイル/D
音声通話機能付きSIM
ミニマムスタートプラン
1600円
(700円+900円)
10円/30秒 なし 225Mbps
(3Gバイト超過時は200kbps。366Mバイト/3日超過時は速度規制あり)
3Gバイト/月 標準
micro
nano
IIJmio高速モバイル/D
音声通話機能付きSIM
ライトスタートプラン
2220円
(700円+1520円)
10円/30秒 なし 225Mbps
(5Gバイト超過時は200kbps。366Mバイト/3日超過時は速度規制あり)
5Gバイト/月 標準
micro
nano
IIJmio高速モバイル/D
音声通話機能付きSIM
ファミリーシェアプラン
3260円
(700円+2560円)
10円/30秒 なし 225Mbps
(10Gバイト超過時は200kbps。366Mバイト/3日超過時は速度規制あり)
10Gバイト/月 標準
micro
nano
ヨドバシカメラ限定
NifMo音声通話対応SIMカード スタートプラン
1180円 20円/30秒 なし 200kbps 無制限 標準
micro
nano
NifMo
1.1GBプラン
(音声通話対応)
(プロモーション)
1340円
(700円+640円)
20円/30秒 なし 225Mbps
(1.1Gバイト超過時は200kbps)
1.1Gバイト/月
250Mバイト/3日
標準
micro
nano
NifMo
3GBプラン
(音声通話対応)
1600円
(700円+900円)
20円/30秒 なし 225Mbps
(3Gバイト超過時は200kbps)
3Gバイト/月
650Mバイト/3日
標準
micro
nano
NifMo
5GBプラン
(音声通話対応)
2300円
(700円+1600円)
20円/30秒 なし 225Mbps
(5Gバイト超過時は200kbps)
5Gバイト/月
1.1Gバイト/3日
標準
micro
nano
NifMo
10GBプラン
(音声通話対応)
3500円
(700円+2800円)
20円/30秒 なし 225Mbps
(10Gバイト超過時は200kbps)
10Gバイト/月
2.2Gバイト/3日
標準
micro
nano
BBIQスマホSIM d
音声通信
1600円
(700円+900円)
20円/30秒 なし 225Mbps
(200kbps)
2Gバイト/月 標準
micro
nano
hi-ho LTE typeD
音声通話対応SIM
エントリー
1470円
(700円+770円)
20円/30秒 なし 225Mbps
(200kbps)
2Gバイト/月 標準
micro
nano
hi-ho LTE typeD
音声通話対応SIM
ミニマムスタート
1600円
(700円+933円)
20円/30秒 なし 225Mbps
(200kbps)
3Gバイト/月 標準
micro
nano
hi-ho LTE typeD
音声通話対応SIM
アソート
2109円
(700円+1409円)
20円/30秒 なし 225Mbps
(200kbps)
3Gバイト/月 標準
micro
nano
hi-ho LTE typeD
データ通信専用SIM
ファミリーシェア
3538円
(700円+2838円)
20円/30秒 なし 225Mbps
(200kbps)
10Gバイト/月 標準
micro
nano
PLAY SIM
プラン100M/day(V)
プラン4GB/month(V)
プラン140M/day
プラン150M/day(V)
プラン320M/day(V)
1480円
1580円
1610円
1980円
2980円(契約より24カ月間はそれぞれ200〜400円割引になる)
20円/30秒 なし 225Mbps
(300kbps)
100Mバイト/日
150Mバイト/日
320Mバイト/日
標準
micro
nano
So-net モバイル
LTE +Talk S2プラン
1690円 20円/30秒 なし 225Mbps
(300kbps)
360Mバイト/3日
1.5Gバイト/月
標準
micro
nano
So-net モバイル
LTE +Talk Sプラン
2476円 20円/30秒 800円(最大20分) 225Mbps
(非公開)
500Mバイト/月 標準
micro
nano
So-net モバイル
LTE +Talk Lプラン
3980円 20円/30秒 なし 225Mbps
(非公開)
360Mバイト/3日 標準
micro
nano
スマホプランS
(ワイモバイル)
2980円 20円/30秒 10分間までの通話を月300回まで 150Mbps
(128Kbps)
1Gバイト/月 標準
micro
スマホプランM
(ワイモバイル)
3980円 20円/30秒 10分間までの通話を月300回まで 150Mbps
(128Kbps)
3Gバイト/月 標準
micro
スマホプランL
(ワイモバイル)
5980円 20円/30秒 10分間までの通話を月300回まで 150Mbps
(128Kbps)
7Gバイト/月 標準
micro
U-mobile
通話プラス
3GB
5GB
LTE使い放題
LTE使い放題2
ダブルフィックス
1580円
1980円
2980円
2730円
1480〜1780円(月1Gバイト以下か超過で変動)
20円/30秒 なし 225Mbps
(128Kbps)
3Gバイト/月
5Gバイト/月
無制限
無制限
3Gバイト/月
標準
micro
nano
もしもシークス
UNLIMITED・プラス
3980円 19.9円/30秒 なし 225Mbps
(200kbps)
1.2Gバイト/3日 標準
micro
nano

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.