ニュース
» 2015年09月02日 19時46分 UPDATE

リクルート、Beaconを活用した子どもの見守りサービス実証実験を開始

リクルートは、秩父市立南小学校と目黒区立月光原小学校でBeaconを活用した子どもの見守りサービス実証実験を開始した。

[エースラッシュ,ITmedia]

 リクルート住まいカンパニーは、9月2日から順次Beacon(ビーコン)を用いた子ども見守りサービスの実証実験を開始する。対象は秩父市立南小学校と目黒区立月光原小学校。

 アプリをインストールした地域住民(見守り人)のスマートフォンが子どもの携帯するBeacon端末を検知し、位置情報を保護者に通知。通信回線契約を行わずに子どもの位置情報を把握できる。従来のトリガーコイル埋設型非接触登下校検知システムと比べて初期費用を抑えられるのが特徴だ。

Photo サービスイメージ

 定点見守りスポット数、見守りネットワークを拡大し、コンビニエンスストアや自販機などの各事業者との協議検討を進めていく予定だ。

 Beaconによる位置情報検知・登下校検知は検知精度やバッテリー持続性、誤検知など課題が多くみられたが、高度な電源制御や情報解析ロジックで課題を解決。実証実験でさらに問題点を洗い出し、改善を図っていく。

 セーフコミュニティの取り組みを実施している秩父市役所も、見守り人の獲得で全面協力している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.