レビュー
» 2015年09月05日 22時00分 UPDATE

IFA 2015:コンパクト・スペック・使いやすさの「三位一体」――写真で解説する「Xperia Z5 Compact」

「コンパクトでもハイスペックな使いやすいスマホがほしい!」という人にとって、希少な選択肢である「Xperia Z」シリーズのコンパクトモデル。約1年ぶりとなる新モデル「Xperia Z5 Compact」も、できる限り妥協せずにハイスペックと使いやすさを詰め込んでいる。

[井上翔,ITmedia]

 ソニーモバイルコミュニケーションズは、現地時間の9月9日までドイツのベルリンで開催している「IFA 2015」のソニーブースにおいて、最新スマートフォン「Xperia Z5」「Xperia Z5 Compact」「Xperia Z5 Premium」を展示している。

 「Xperia Z5 Compact」は、Xperiz Zシリーズのコンパクトモデルの約1年ぶりの新作。コンパクトなボディに、ベースモデル(今回なら「Xperia Z5」)と同じハードウェアをできるかぎり詰め込む、「ハイスペックなコンパクトモデル」の伝統をしっかりと受け継ぐ一品だ。

 本稿では、IFA 2015会場で撮影した「Xperia Z5 Compact(グローバル版)」の写真を使った簡単なレビューをお送りする。

photo 「Xperia Z5 Compact」(グローバル版のWhite)

 外観のデザインは、(聞き飽きてきたかもしれないが)Xperia Zシリーズ伝統の「オムニバランスデザイン」を採用し、どの角度から手に取っても持ちやすくなっている。正面を見ると、「Xperia Z5を小さくしたもの」という印象を強く受ける。ただし、画面はフルHD(1080×1920ピクセル)ではなく、HD(720×1280ピクセル)解像度の液晶に“ダウングレード”されている。それに伴い、グラフィックメモリーと共用となるメインメモリーは、2Gバイトに“減量”されている。

 「ハイスペックなのに、HDなの……」とがっかりしている人もいると思うが、約4.6型という画面サイズでは、フルHDのコンテンツとHDのコンテンツを再生しても違いはほとんど分からない。処理能力・実用性・コストの3点のバランスを取った結果、解像度を“上げない”という選択をしたものと思われる。なお、MHL端子(Micro USB端子と共用)を介した動画や静止画のフルHD・4K(3840×2160ピクセル)出力はできるので、どうしてもという場合は外部出力で対応できる。

 本体のフレームはポリカーボネート製で、外周をシームレスに1周している。素材は違うが、Z5と同様の角張ったフレームとなっている。ただし、金属風の加工がなされていて一見するとポリカーボネートであるとは気が付かない。ポリカーボネートの透明感をあえて生かした「Xperia Z3 Comapct」とはある意味逆のアプローチである。

photo 本体外周のフレームは、ポリカーボネート素材を採用しているが、金属風の塗装がなされている。

 本体の左側面には、Xperiaロゴ、nanoSIM/microSDスロットとストラップホールがある。Xperiaロゴは、アルミフレームのZ5/Z5 Premiumと同様に、彫り込み式となっている。ただし、位置が下部から上部に移動している。

 右側面には、電源キー、ボリュームキー、カメラキーがある。電源キーは少し大きめでフラットなボタンとなり、指紋認証センサーが付いた。指紋認証センサーはZ5/Z5 Premiumと同等の機能を持ち、画面ロック解除やFIDO規格(参考記事)に準拠したアプリでのパスワードレス認証に利用できる。

photo 本体左側面。Xperia Z5/Z5 Premiumでは本体下部にあったストラップホールだが、Z5 Compactでは、内部の機器配置の都合から、この位置になっている
photo 本体右側面。電源キーがデザイン変更され、指紋認証センサーが付いた。Xperiaの“アイコン”が変わったことは評価の分かれるところだが、筆者は(Z5/Z5 Premiumのレビューにも書いたが)この変化を大いに評価している

 本体上部にはイヤフォンマイク端子がある。ノイズキャンセリングとハイレゾ再生の両立にも対応している。

 本体下部にはUSB OTG(USB-On-The-Go:USBのホスト・クライアントを兼ねることができる機能)に対応し、MHL出力を兼ねるMicro USB端子がある。イヤフォンマイク端子と併せてキャップレス防じん・防水(IP68等級)に対応している。

photo
photo 本体の上下部は、シームレスなフレームと、ストラップホールの“移動”もあり、Z5/Z5 Premiumとは異なる印象を受けるかもしれない

 本体の背面は、Z5と同様に、フロスト(つや消し)ガラスとなっている。シリーズコンセプトである「個性や好みを生かしつつ、生活になじむ」というに合わせた変更だ。本体の外観に落ち着きを持たせると同時に、手によりなじむようになった。

 背面には、Z5/Z5 Premiumと同様に約2300万画素の新型「Exmor RS for mobile」を採用するメインカメラがある。カメラ部の突起はほとんどなく、机に安定して置けることは個人的にはとてもうれしい。

photo Whiteの背面。Z5の同色では背面がシルバー(銀色)に近かったが、Z5 Compactでは、本当の意味でホワイト(白色)に近い色合いとなっている
photo メインカメラは約2300万画素の新型センサーに変更された。センサーの画素数が増えても、フラットな背面はそのまま

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.