ニュース
» 2015年10月05日 08時55分 UPDATE

画面キャプチャも1080p:「Xperia Z5 Premium」の4Kディスプレイについて、ソニーがあらためて説明

ソニーモバイルコミュニケーションズのディスプレイエンジニア、八木貴郎氏が、「Xperia Z5 Premium」の4KディスプレイについてのQ&Aをブログで紹介した。画面キャプチャはAndroid 5.1が4Kに対応しないため1080pであることなどを説明している。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 ソニーモバイルコミュニケーションズが9月の「IFA 2015」で発表した「Xperia Z5 Premium」の4K解像度(2160×3840ピクセル)のディスプレイについて、同社のディスプレイエンジニア、八木貴郎氏が10月1日(現地時間)、公式ブログで説明した。

 Xperia Z5 PremiumはXperia Zシリーズの最上位モデルで、スマートフォンとして初めて4Kディスプレイを搭載する。日本ではNTTドコモが11月下旬に発売する予定だ。

 premium 1 「Xperia Z5 Premium SO-03H」

 八木氏は、IFAでのZ5 Premiumの発表以来、4Kディスプレイ技術について様々な憶測がみられるので、最も多い疑問の幾つかに答えるとし、Q&A形式で説明した。

4Kコンテンツで表示するのは何?

 Z5 Premiumで撮影した写真や動画を「アルバム」や「ビデオ」で再生する場合は4Kで表示する。

 premium 2

 YouTubeや先日日本に上陸したNetFlixなどの4K対応のストリーミングサービスも4Kで表示するが、これらはまだ完全にはモバイルに最適化されていないので、Z5 Premiumに搭載した自動アップスケーリング機能を使うという。

ホーム画面やアプリが4Kではなく1080p表示なのはなぜ?

 第一の理由は、バッテリー持続時間を重視したため。2つ目の理由は、多くのサードパーティー製アプリがまだ4K解像度に対応していないためという。

画面キャプチャは1080pか4Kか

 Z5 Premiumの発売段階での搭載OSは「Android 5.1 Lollipop」であり、同OSが4Kでの画面キャプチャ(スクリーンショット)をサポートしていないため、画面キャプチャは1080pになる。(次期OS「Android 6.0 Marshmallow」は4Kレンダリングをサポートする。)

4Kやアップスケール機能はメモリやバッテリー持続時間に影響する?

 Z5 Premiumのディスプレイメモリ技術では、一度表示した画像を記憶し、画像や動画をキャッシュするので、再生するたびにフルに読み込み直す必要がなく、これによりバッテリー消費を削減できるという。

 また、3430mAhの大容量バッテリーや「STAMINA Mode」機能、200Gバイトまで拡張可能なmicroSDカードスロットを備えるなど、バッテリー消費やメモリ関連が強化されていると八木氏は説明した。

スマートフォンに4Kディスプレイを搭載するメリットは?

 同社の調査によると、(映像や画像の)明るさと色は人間の記憶と結びついているという。映像や画像が鮮明であればあるほど、記憶も鮮明になる。そのため、実体験を画面上で可能な限り再現するよう挑戦している。

 また、Z5 Premiumが仮想現実(VR)の最も鮮明なプラットフォームになり得ると信じており、現在そのための準備を行っているという。これついては、“間もなく”具体的な発表をするとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.