ニュース
» 2015年10月07日 07時30分 UPDATE

「Microsoft Band 2」は曲面ガラスディスプレイでCortana対応、249ドル

Microsoftが昨年10月に発表したウェアラブル端末の第2世代モデル「Microsoft Band 2」を発表した。ディスプレイが曲面ガラスになり、気圧計が追加され、最大酸素摂取量の測定も可能になった。Cortanaを搭載するので音声での操作も可能だ。価格は249ドル(約3万円)。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは10月6日(現地時間)、ニューヨークで開催したWindows 10端末発表イベントで、腕時計型ウェアラブル端末「Microsoft Band 2」を発表した。10月30日に249ドル(約3万円)で発売する。日本で発売されるかどうかは不明だ。

 band 1 「Microsoft Band 2」

 2014年10月に発表した「Microsoft Band」の後継モデル。先代(199ドル)より50ドル高くなったが、曲面ガラスのカラーディスプレイを採用し、デザインも機能も向上した。曲面ディスプレイは320×128ピクセルの有機EL。ガラスはGorilla Glass 3だ。先代と同様、タッチ対応。

 フィットネス機能として、先代の心拍数、歩数、カロリー消費量、睡眠品質、GPSによる走破ルートのマップ作成、紫外線モニター機能に加え、内側に搭載された気圧計により、高度変化と最大酸素摂取量(VO2MAX)の測定も可能になった。

 band 2 気圧計

 測定データはBluetooth 4.0で連係したスマートフォン(Windows Phone 8.1以降、iOS、Android)に転送され、「Microsoft Health」やサードパーティー製フィットネスアプリで解析できる。

 band 2 Microsoft Healthアプリ

 Windows 10搭載なので、音声対応のアシスタント機能「Cortana」が使える。本体のマイクに向かって声で問い掛けられる。

 サポートするサードパーティー製アプリは、Facebook、Twitter、Uber、Starbucks、Runkeeperなど。

 バッテリーの持続時間は1回の充電(約1.5時間)で48時間となっている。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.