ニュース
» 2016年01月28日 13時22分 UPDATE

SUUMO、2月3日に中古物件の情報を拡充――性能・品質での検索が可能に

不動産・住宅情報サイト「SUUMO」は、2月3日から中古流通物件に性能・品質に関する項目を追加。より品質の良い物件を検索しやすくなる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 リクルート住まいカンパニーの運営する不動産・住宅情報サイト「SUUMO」は、2月3日から中古流通物件の情報へ性能・品質面の項目を追加する。

 今回の取り組みは、不動産情報サイトを運営する事業者団体「不動産情報サイト事業者連絡協議会(RSC)」加盟企業が協働で実施。消費者が品質の良い中古住宅を見つけやすくし、中古住宅の流通活性化を促進させることを目的に行う。

「SUUMO」アプリ「SUUMO」アプリ 「SUUMO」アプリ

 今後はSUUMOの中古物件情報に、「住宅そのものの性能・品質を表す項目(長期優良住宅、低炭素住宅など)」「住宅の安心を裏付けする一助となる各種証明書類があることを表す項目(住宅性能評価書、耐震基準適合証明書、インスペクション(建物検査)、修繕・点検の記録など)」「万が一の瑕疵(欠陥など)が発見された場合に備える 瑕疵保証が利用できることを表す項目(国交省が指定する瑕疵保険、不動産会社が提供する保証制度)」「ローンや税制優遇等の資金面にメリットがあることを表す項目(フラット35S適合、長期優良住宅、低炭素住宅など)」に関する掲載項目を追加。検索画面で各項目にチェックを入れれば、従来のエリアや価格、築年数などに加え、性能・品質に関する情報から物件を検索できる。

 同社は今後も中古流通活性化に向け、性能・品質から探すための新機能開発を継続して実施し、2016年度内に数回にわたり機能追加を行う予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.