ニュース
» 2016年02月22日 04時50分 UPDATE

Mobile World Congress 2016:Samsung、防水・防じん対応スマホ「Galaxy S7 edge」「Galaxy S7」とVRカメラ「Gear 360」を発表

Galaxyシリーズのフラッグシップモデルの第7世代が登場する。IP68等級の防じん・防水性能を備えたほか、スマートフォンとしては世界初となるデュアルピクセルCMOSカメラを搭載するなど、基本性能も大幅にスペックアップしている。また、同時にVRカメラ「Gear 360」も発表した。

[井上翔,ITmedia]

 Samsung Electronicsは2月21日(現地時間)、スペイン・バルセロナで開催する「Mobile World Congress」に先駆けて、Androidスマートフォン「Galaxy S7 edge」「Galaxy S7」と、2眼式のVRカメラ「Gear 360」を発表した。

Galaxy S7 edge正面Galaxy S7 edge背面 「Galaxy S7 edge」は4色展開。左からブラックオニキス、ホワイトパール、シルバーチタニウム、ゴールドプラチナ、
Galaxy S7正面Galaxy S7背面 「Galaxy S7」も4色展開。左からホワイトパール、ブラックオニキス、シルバーチタニウム、ゴールドプラチナ
Gear 360 Gear 360

Galaxy S7 edge/Galaxy S7

 Galaxy S7 edgeは約5.5型、Galaxy S7は約5.1型のWQHD(1440×2560ピクセル)のSuper AMOLED(有機EL)ディスプレイを備える。ディスプレイは、スリープ中でも時計やカレンダーなどを常時表示できる「Always-On Display」に対応している。この機能を有効にした場合のバッテリー消費は、1時間当たり1%未満となるという。

Always-On Display スリープ中も時計などを表示できる「Always-On Display」

 S7 edgeについては、「Galaxy S6 edge」や「Galaxy S6 edge+」(国内未発売)と同様に画面の左右がカーブしている「デュアルエッジスクリーン」となっている。エッジスクリーンを活用した機能も強化されており、お気に入りのアプリのショートカットを表示できる「Apps edge」、よく使う機能をショートカットとして置ける「Tasks edge」が新たに登場し、サードパーティーでも対応アプリ(パネル)を開発できる仕組みも整備する。

 アウトカメラは1200万画素のCMOSセンサーとF1.7のレンズを組み合わせている。撮影用画素が位相差オートフォーカス(AF)用センサーを兼ねる「デュアルピクセルテクノロジー」を採用。カメラ部の突起は約0.46ミリに抑えている。インカメラは約500万画素のCMOSセンサーとF1.7のレンズを組み合わせている。

カメラ関連の記述を一部修正いたしました(2月22日18時30分)

リアカメラ リアカメラ部の突起は約0.46ミリに

 プロセッサは市場によって同社の「Exynous 8 Octa」またはQualcommの「Snapdragon 820」のいずれかを採用する。メモリは4GB、内蔵ストレージは32GB、64GBの2種類を用意するが、採用する容量は市場・キャリア(オペレーター)によって異なる。先代の「Galaxy S6 edge」「Galaxy S6」では非対応だった外部ストレージのサポートが復活し、最大で200GBのmicroSDXCを利用できる。microSDはSIMカードと同じトレイに載せて挿入する形式となる。

 S7 edge、S7ともに、市場によって「シングルSIM」モデルと「デュアルSIM」モデルが用意される。対応するSIMカードは両モデルともにnanoサイズだが、デュアルSIMモデルでは2枚目のnanoSIMとmicroSDが排他装着となる。

SIM/microSDトレイ 待望のmicroSDスロットを備えた。SIMカードと同じトレイに搭載する方式だが、一部市場で用意されるデュアルSIMモデルでは、2枚目のnanoSIMカードと排他装着となる

 ボディカラーはブラックオニキス、ホワイトパール、シルバーチタニウム、ゴールドプラチナの4色。ボディはIP68等級の防じん・防水を備えており、水ぬれやほこりの多い環境での利用もより安心できる。

防水デモ IP68等級の防じん・防水性能を搭載

 バッテリー容量はS7 edgeが3600mAh、S7が3000mAhで、いずれもQi(チー)規格とPMA規格に準拠する非接触充電に対応している。急速充電はUSB端子では「Quick Charge 2.0」に、非接触充電ではQiの高速充電にそれぞれ対応している。本体内部に水分を含むヒートパイプを装備しており、処理の大きい処理が連続する状況でも発熱を抑えている。なお、ゲームアプリの処理速度を抑えることでバッテリー消費を減らす機能を搭載している。

非接触充電にも対応 Qi(チー)規格やPMA規格の非接触充電にも対応

Gear 360

 Gear 360は、195度の魚眼レンズ付きの1500万画素カメラを2つ搭載し、単体またはスマホからの操作で360度のパノラマ写真・動画を撮影できる。撮影した映像は「Gear VR」を装着したGalaxyスマホから楽しめるほか、Googleストリートビューで利用したり、SNSなどでもシェアしたりできる。撮影した写真・動画はmicroSDに記録する。

開口部 開口部にmicroSDスロットと充電用のMicro USB端子を備える

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.