ニュース
» 2016年02月24日 16時40分 UPDATE

対応物件を追加した「SUUMOスコープ」第2弾が登場――よりリアルな室内閲覧が可能に

立体的な映像で物件を閲覧できる3Dゴーグル「SUUMOスコープ」第2弾が登場。6物件を新規追加したほか、各モデルルームの部屋を自由に移動できるようになった。

[エースラッシュ,ITmedia]

 リクルート住まいカンパニーが企画・制作する新築マンション情報誌「SUUMO新築マンション 首都圏版」2016年2月23日発行号に、3Dゴーグル「SUUMOスコープ」第2弾が付属する。

PhotoPhoto 3Dゴーグル「SUUMOスコープ」第2弾

 SUUMOスコープはAndroid/iOS向け「SUUMOアプリ」と連携し、立体感のあるVR映像で物件を内覧できるというもの。今回は実写の画像をもとに再現した各モデルルームの部屋を自由に移動できるようになり、新たに6物件の映像を追加。公開中の物件と合わせ、計7物件・16点のVR映像となった。

 追加物件は以下の通り。なお、物件により閲覧できるコンテンツは異なる。

  • パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン/三井不動産レジデンシャル、JX不動産
  • DEUX TOURS CANAL&SPA(ドゥ・トゥール)/住友不動産
  • ブランズシティ品川勝島/東急不動産
  • パークタワー新川崎/三井不動産レジデンシャル
  • パークシティ柏の葉キャンパス ザ・ゲートタワー/三井不動産レジデンシャル
  • ザ・レジデンス検見川浜ガーデンズ/三井不動産レジデンシャル、野村不動産、富士見地所

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.