ニュース
» 2016年05月16日 20時15分 UPDATE

CCCの大型百貨店「T-SITE 枚方」がオープン、店舗とネットを結ぶ「T-SITE Passport」アプリも提供

CCCが、5月16日に大阪府の枚方市駅駅前に生活提案型デパートメント「枚方 T-SITE」をオープン。これに合わせ、枚方T-SITEのショップ・イベント情報を入手したり、TSUTAYA携帯会員証として使ったりできる「T-SITE Passport」アプリも提供する。

[島徹,ITmedia]

 CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)は、5月16日に同社創業の地でもある大阪府の枚方市駅駅前に生活提案型デパートメント「枚方 T-SITE」をオープンした。これに合わせて、店舗サービスや取り扱い商品の在庫や口コミ検索、Tポイントを活用できるスマートフォン向けサービス「T-SITE Passport」を発表。

 枚方 T-SITEで先行試験サービスを開始し、今後全国の店舗に展開を進める予定だ。また、CCCグループのトーンモバイルが提供する格安スマホ「TONE」の取り扱い店も年内に全国200店舗へ広げる。

T-SITE 枚方 5月16日オープンの「枚方 T-SITE」、京阪電鉄の枚方市駅に直結した地上8階、地下1階建の百貨店だ

 「枚方 T-SITE」は地上8階、地下1階建の大型百貨店。オープン時には蔦屋書店とTSUTAYAを中核として、TONEストア、情報家電フロア、女性層向けの雑貨マルシェやビューティーサロン、キッズフロア、「三菱東京UFJ銀行」「りそな銀行」、レストランや食マルシェなど43の店舗がそろう。夏には贈答品や生鮮食料品を扱ういわゆる“デパ地下”のオープンも予定する。

T-SITE 枚方 CCC代表取締役社長兼CEO増田宗昭氏

 CCC代表取締役社長兼CEO増田宗昭氏は、枚方T-SITE開業にあたり「モノを買うだけならネットのほうが効率的。家のような居心地の良さと、人によるコンシェルジュは大前提」としたうえで、「自分で作って自分で売るSPAモデル」「モノを売るのではなくライフスタイルの提案」「経営環境の変化に対応できる店舗への権限委譲」「リアルな小売業が苦手とするデータベースマーケティング」という4つを方向性を重視したことを話す。

T-SITE 枚方 書店や雑貨など各店舗と、カフェの融合したゆったりした空間はT-SITE 代官山やT-SITE 湘南と共通している
T-SITE 枚方
T-SITE 枚方 1983年、枚方T-SITEのほぼ向かいの位置に「蔦屋書店 枚方店」を創業。当時から「ライフスタイルの提案」というテーマは不変だという

 そのうえで、枚方 T-SITEは半径2キロ以内の人が毎日来たくなる百貨店とし、「食を楽しんで人生を豊かにする」「いいものをあの人に贈ろうといった関係性消費」「プレミアエイジに資産運用も含めた生活提案」「CCCの得意とするエンタテインメント」というテーマで運営する。

 また、まだ人口の半分がフィーチャーフォンを利用しており、特にプレミアエイジはスマホを持っていない。ここに「TONE」を提供し、T-SITE Passport(詳細は後述)によってスマホで便利に楽しめる百貨店を目指すとのことだ。

T-SITE 枚方
T-SITE 枚方 飲食店は朝7時から深夜25時までオープン。iPhoneやMacなどApple製品を中心に取り扱う情報家電フロアも備える
T-SITE 枚方
T-SITE 枚方 枚方エリアは京都と大阪の中間に位置する、ファミリー層や引退後の高所得なプレミアエイジに人気のベッドタウン。近隣の樟葉駅や香里園駅も、閑静な住宅街として人気を集める。枚方T-SITEは枚方市駅前再開発の起爆剤として地元の注目を集めている
T-SITE 枚方 枚方市駅周辺の商圏は北側が淀川に分断され、5キロ商圏を見た従来の百貨店と同じ営業スタイルを取るのは難しい。そこで、2キロ圏内の利用者が毎日来たくなる、従来と異なるスタイルの百貨店を目指す。創業の地でTカード会員率が高いという地の利もある

TONEストアを年内200店舗展開、スマホでTSUTAYAをより便利に

 CCC常務取締役CIO/CSO、トーンモバイル株式会社CEOの石田宏樹氏は、「T-SITE Passport」の詳細と、2015年5月からCCCとの合弁事業として再スタートを切ったMVNO事業であるトーンモバイルの「TONE」について説明した。

T-SITE 枚方 CCC常務取締役CIO/CSO、トーンモバイル株式会社CEOの石田宏樹氏

 T-SITE Passportは、枚方T-SITEのショップ・イベント情報を入手できるほか、蔦屋書店/TSUTAYAにて、TSUTAYA携帯会員証として使えるアプリ。枚方 T-SITEから先行サービスを開始し、「サービスを徹底的に検証し、店舗とネットを融合し新しい価値を作る」という。アプリはiPhoneなどiOS端末向けとAndroid向けに公開されており、枚方 T-SITEのTONEストアで購入したTONE端末にはプリインストール済みの状態で販売される。

alt
alt

T-SITE 枚方 「T-SITE Passport」は、iPhoneなどiOS端末とAndroid、もちろん「TONE」にも対応する
T-SITE 枚方 枚方 T-SITE内にもTONEストアが開店した

 サービスとしては、データベース分析から利用者にクーポンなどの形でリアル店舗への誘因を促し、T-SITEのイベント情報やリアルタイム在庫検索、レストランの予約、駐車場の空き情報を提供。店頭ではアプリが会員証となり、電子マネーのTマネー決済とTポイント付与をまとめて利用できる。

T-SITE 枚方 店頭で堂々とスマホを出し、本やCD、DVDのバーコードを通じて口コミ情報を確認できる
T-SITE 枚方 クーポンの配布からオンライン在庫確認、レストランの予約やイベント情報までアプリ1つで確認できる
T-SITE 枚方 レンタル用のカードとしてはもちろん、Tマネーでの決済やTポイントカードとしても使える。利用時は、画面に指を押したままにするとバーコードが表示される

 店頭では気になった本やCD、DVDなどのバーコードを読み取ると、商品情報のほか、映画レビューサービス「Filmarks」などの口コミ情報をすぐに調べられる。石田氏によると「店内のさまざまな空間にバーコードが付く。コンシェルジュのバッジにバーコードが付いて、得意分野が分かるかもしれない。リアル空間とネット空間に存在する背景とストーリーをバーコードを通じて統合する」という。

 トーンモバイルの「TONE」については、80%近くが40代以上の利用者で、半分以上がフィーチャーフォンからの乗り換えだという。特に簡単さやサポートの充実、見守り機能が好評で顧客満足度も高いとのことだ。

T-SITE 枚方
T-SITE 枚方 TONEの主要顧客はガラケーから乗り換えた40代以上とのことだ
T-SITE 枚方 利用者からは、使いやすさを重視したメニューやサポート機能の評価が高い

 今後は、2016年内にTSUTAYAなどCCCの200店舗へ取り扱いを拡大する予定だ。また、石田氏は近日中に「普通はハードウェアを買い替えないとできないような大規模アップデート」を実施することを予告した。

T-SITE 枚方 7月から年内に駆けて200店舗でTONEを取り扱う
T-SITE 枚方 ファームウェアのアップデートも発表された
T-SITE 枚方 女性層を対象にした雑貨店やビューティーサロンも多い
T-SITE 枚方 キッズフロアでは子ども向けの遊び場や書籍、衣料も取りそろえる
T-SITE 枚方 もちろん、TSUTAYAとしてCD、DVDレンタルや書籍販売コーナーもある
T-SITE 枚方 最上階には見晴らしのいいデッキ付きレストランやバーがオープンする

取材協力:トーンモバイル

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう