ニュース
» 2016年07月05日 06時00分 UPDATE

SIM通:2016年3月末のMVNOシェア1位はNTTコミュニケーションズに

MM総研は、2016年3月末における国内MVNO市場についての調査結果を発表した。回線契約数は、前年比65.5%増の539万4000回線に、事業者別シェアでは、NTTコミュニケーションズが1位となっている。

[SIM通]
SIM通

 MM総研は6月15日、2016年3月末における国内MVNO市場についての調査結果を発表しました。

イメージ

 事業者別シェアでは、OCNモバイルONEなどを提供するNTTコミュニケーションズがシェア20.6%で1位となりました。2位には IIJmio や、BIC SIM などを提供するインターネットイニシアティブ、3位は楽天モバイルを提供する楽天がランクインしました。

独自サービス型SIMの事業者シェア

 以下、4位はU−mobileブランドなどを提供するU−NEXT、5位はBIGLOBE SIMなどを提供するビッグローブ、6位はmineoを提供するケイ・オプティコムとなりました。また、個人向けサービスだけに限定した場合、インターネットイニシアティブがシェア1位となったそうです。

独自サービス型SIMの市場規模実績および予測

 こうした独自の料金プランで提供する独自サービス型SIMの回線契約数は、前年比65.5%増の539万4000回線となりました。同分野では2月にイオンが自社回線によるサービスを開始し、今夏にはLINEの参入が決定するなど、さらなる競争の激化が予想されており、2018年3月末の独自サービス型SIMの回線契約数は、2016年3月末の2倍以上となる1,170万回線になると予測しています。

(文:SIM通編集部)

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright:(C) 2017 NTT Resonant Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう