ニュース
» 2016年08月01日 12時43分 公開

7型でAndroid/Windows 10デュアルOS+プロジェクターファブレット「Holofone」登場

米新興企業Akyumen Technologiesが、7型でプロジェクターを搭載するファブレット「Holofone Phablet」の予約受付を開始した。AndroidとWindows 10のデュアルOS。価格は600ドルからだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米新興企業のAkyumen Technologiesは7月29日(現地時間)、プロジェクターを搭載する7型“ファブレット”、「Holofone Phablet」を発表した。価格は600ドル(約6万1200円)からで、同日予約を開始した。

 holofone 1 Holofone

 プロジェクターの明るさは35ルーメンで、100型までの画面をプロジェクトできるという。

 holofone 2 プロジェクターとして使える

 OSとして、「Android 5(コードネーム:Lollipop)」と「Windows 10」を搭載する。

 主な仕様は以下の通り。

「Holofone Phablet」の主な仕様
機種名 Holofone Phablet
OS Android 5(コードネーム:Lollipop)/Windows 10
ディスプレイ 7型(11080×1920ピクセル)
プロセッサ Intel Cherry Trail 8300(4コア)
メインメモリ 4GB
ストレージ 128GB(アップグレード可能)
外部メモリ
アウトカメラ 1300万画素
インカメラ 500万画素
サイズ 不明
重量 不明
バッテリー容量 3500mAh
ネットワーク LTE対応
カラー 白・銀/黒・銀の2種類

 本稿執筆現在、9月1日出荷分の予約は完売し、次の出荷予定は11月5日になっている。

 Akyumen Technologiesは、2013年創業の米カリフォルニア州マウンテンビューに拠点を置く非公開企業。創業者のオーサム・サイード会長兼CEOにとっては3つ目の起業になる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう