ニュース
» 2016年08月09日 08時35分 UPDATE

「ポケモンGO」アップデート──ニックネーム変更や運転警告など、iOSは「バッテリーセーバー」問題解消

ポケモンGOのiPhone/Androidアプリがアップデートされ、iPhoneのバッテリーセーバー問題が解消した他、モンスターボールに関するバグの修正も加えられた。また、運転中のプレイを警告するようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 「ポケモンGO」のアプリが8月9日、バージョンアップした。iOS版はバージョン1.3.0に、Android版はバージョン0.33.0だ。

 このアップデートで、iOS版の「バッテリーセーバー」の不具合が解消された。

 日本語版のApp Storeに掲載されている新機能は以下の通り。

  • トレーナーのニックネームが1度だけ変更可能に
  • 運転時や高速移動時にプレイしないよう注意画面を追加
  • モンスターボールを投げた時の精度の判定を修正
  • モンスターボールをうまく投げた時のXPボーナスが出ないバグを修正
  • カーブボールを投げた時の曲がり方を修正
  • 実績メダルの画像の間違いを修正
  • 一部テキストの修正
 pokemon

 英語版のApp Storeではこれらに加え、バッテリーセーバーモードの修正と復活、チームリーダー(Candela、Blanche、Spark)のビジュアル追加、一部のユーザーでの「近くにいるポケモン」機能のUI変更テストの実施について言及されている。

 ニックネームの変更は1度だけ可能なので、慎重に考えたいところだ。

 高速移動時の注意画面は、ユーザーが明らかに徒歩ではないスピードで移動していることをゲームが感知すると、運転中であればゲームをプレイしないよう警告するもので、この画面で運転者ではなく乗客であることを選べばゲームを続けられる。

 また、新機能としては明示されていないが、「近くにいるポケモン」が「かくれているポケモン」に変わり、草の中にかくれている絵になった。

 pokemon 2 起動時のメッセージが変わった(左)、「かくれているポケモン」(右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう