トップ10
» 2016年09月13日 20時00分 UPDATE

Mobile Weekly Top10:ついに「ガラパゴス化」したiPhone/Pokemon GOとIngressの違いとは

9月8日(日本時間)に発表された「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」。今回のランキングは、ほぼその話題で持ちきりでした。

[井上翔,ITmedia]

 今回のITmedia Mobile Weekly Top10は、9月5日から9月11日までのアクセスランキングを集計しました。

iPhone 7のサイト 9月16日に発売となる「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」

 9月8日深夜(日本時間)にiPhoneの新モデル「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」が発表されました。そのこともあってか、iPhone関連記事がランキングの8位を除いて独占しました。

日本独自モデルな「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」 史上初の日本専用モデルとなる「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」

 従来からiPhoneは、投入する国・地域によっていくつかのモデルを用意しており、日本市場ではそのうちの1つを販売してきました。しかし、iPhone 7/7 Plusでは、日本専用モデルが投入されることになりました。他国で販売されるモデルとの主な違いは……。

  • LTE(FDD-LTE) Band 11/21に対応(現在のところ日本でのみ使用中、あるいは使用予定のBand)
  • Apple Pay(非接触決済)用にFeliCaチップも搭載(他モデルはNFCのみ)

 以上の2点です。日本は、AndroidスマートフォンよりもiPhoneの方がシェアの高い世界的に「珍しい」市場です。この勢いを守るため、AppleはiPhoneの「ガラパゴス化」を選択したともいえるでしょう。

 ただし、市場・キャリアによって異なる仕様のモデルを導入するのは、Androidスマホでも珍しくはないことです。気が早いですが、2017年に出るであろう、次世代iPhoneも「ガラパゴス」になるかどうか、注目です。

IngressとPokemon GO 米Nianticが開発したスマホゲーム「Ingress」(左)と「Pokemon GO」

 iPhoneだらけのランキングの中で、唯一それ以外の話題でランクインしたのが、8位の「ポケモンGOが『あえて隠してきた』もの」でした。

 Pokemon GOは、米Nianticが「Ingress」をベースに開発したゲームです。Pokemon GOの「ポケストップ」はIngressの「ポータル」データをもとにしていますし、ユーザーのチーム(色)分けもIngress譲りのシステムです。しかし、両方をプレイしている人からすると、いろいろ違いもあるようです。また、Pokemon GOしかやっていない人も、やることが限られることによる「物足りなさ」を感じているようです。

 配信開始直後と比べると、Pokemon GOフィーバーもやや落ち着いたように思いますが、Apple Watchへの対応Pokemon GO Plusの発売など、新たな話題も出てきています。今後、さらに大きな話題(例えば「Android Wear」対応や「金・銀」世代のポケモンの実装など)は出てくるのでしょうか……。いちトレーナーとしても楽しみです。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう