ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「Ingress」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Ingress」に関する情報が集まったページです。

海外医療技術トレンド(61):
新型コロナで加速する欧米のクラウドネイティブな医療API連携、広がる日本との差
本連載第40回および第44回で、米国のAPIを活用した医療IT標準化動向を取り上げたが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応を契機に、欧州でも、クラウドネイティブなAPI連携の導入が本格化している。(2020/7/17)

高速・安定のNGINXをシームレスに拡張:
PR:開発のAgility(俊敏性)を損なうことなく実現する、高度なアプリケーションセキュリティ
アジャイルな開発には、アジャイルなアプリケーションセキュリティが必要だ。セキュリティが、CI/CDサイクルを高速に回すことへの懸念材料になってしまっては、新しいアプリケーションの迅速な開発と有効な保護の両立は難しい。では現実的にはどうすればいいのだろうか。(2020/7/2)

ポケモンが物に隠れる「ARブレンディング」、ポケGOに実装 Androidの一部から
ポケモンGOのAR撮影機能が進化。ポケモンの体が現実の物体の後ろに隠れる「ARブレンディング」機能を追加した。(2020/5/27)

OpenShift 4.4の新機能とは:
レッドハット、OpenShiftの進化と日本市場における取り組みを説明
レッドハットは2020年5月19日、日本の報道関係者やアナリストに向けて、2020年4月末の「Red Hat Summit 2020」における発表内容や日本市場での取り組みについて説明した。本記事ではOpenShift 4.4の新機能についても取り上げる。(2020/5/19)

Niantic、AR企業6D.aiを買収 3Dマッププラットフォーム「Real World Platform」に統合へ
「Pokemon GO」などのARゲームを手掛けるNianticが、3Dマップ開発ツールを手掛ける新興企業6D.aiを買収した。6D.aiのツールはNianticのARプラットフォーム「Real World Platform」に統合される。(2020/4/1)

新型コロナで岐路に立つ位置情報ゲーム ポケGOは自宅からレイドバトルにも参加できるように
「ポケモンGO」などを運営する米Nianticは、新型コロナウイルス感染症の世界的な広がりを受け、「自宅からもゲームを楽しめる環境を整える」として開発ロードマップの一部を公表した。(2020/3/31)

Kubernetes 1.18がリリース、“Fit and Finish”がテーマ
Kubernetesプロジェクトは2020年3月25日(米国時間)、Kubernetes 1.18をリリースした。“Fit and Finish(収まり感と仕上がり感の高さ)”がテーマという。新バージョンには計38の機能強化が見られる。このうち12がαで11がβ、15がstableのステータスに移行した。(2020/3/26)

マネージドサービスで始めるKubernetes入門(4):
AWSのロードバランサー「ALB Ingress Controller」で公開アプリのルーティング
本連載では、AWSが提供するマネージドKubernetesサービスの「EKS」を用いてアプリを公開する方法を紹介している。第4回は、ロードバランサー「ALB Ingress Controller」について。(2020/3/24)

特集:マイクロサービス入門(6):
マイクロサービス移行を阻むレガシーとの戦い方
マイクロサービスアーキテクチャへの移行を進める上で生まれた課題にどう取り組んだのか。オイシックス・ラ・大地の川上徹氏がOisixのマイクロサービス移行のハードルにどう取り組んだのか紹介します。(2020/3/3)

マネージドサービスで始めるKubernetes入門(3):
AWS EKSでDNSレコードの作成/変更を楽にする「ExternalDNS」
本連載では、AWSが提供するマネージドKubernetesサービスの「EKS」を用いてアプリケーションを公開する方法を紹介。第3回目は、DNSレコードの作成/変更を楽にする「ExternalDNS」を用いたルーティングについて。(2020/2/17)

2019年の位置情報ゲーム:
「ポケモンGO」と「ドラクエウォーク」、互いをもっとベンチマーキングするべき
2019年は位置情報ゲームの話題が豊富だったが、中でも「ドラゴンクエストウォーク」の登場が大きい。「ポケモンGO」と比較すると、それぞれに良い面とそうではない部分が見えてくる。(2019/12/27)

「スマホを使うのがダサい時代になってほしい」 未来を先取りするVR・AR開発者たちの思い
VR・AR関連イベント「XR Kaigi 2019」が開催。基調講演にVR・AR開発者らが登壇し、これらの技術が普及した未来について語った。(2019/12/4)

Berkeley Packet Filter(BPF)入門(5):
BPFによるパケットトレース――C言語によるBPFプログラムの作り方、使い方
Linuxにおける利用が急速に増えている「Berkeley Packet Filter(BPF)」について、基礎から応用まで幅広く紹介する連載。今回は、最も基本となるC言語によるBPFプログラム作成方法および使用方法について。(2019/11/5)

IBM Champion for Cloud 2019が評価:
PR:IBMのRed Hat買収の成果「Red Hat OpenShift on IBM Cloud」によって、複雑なマルチゾーンのOpenShiftクラスタの構築はどれほど簡単になるのか?
IBMのソリューションやソフトウェアに対し、そのテクニカルコミュニティーにおいて高度な貢献をしたエンジニアを表彰する制度「IBM Champions」。今回はIBM Champion for Cloud 2019に選出された平岡大祐氏に、その知見・ノウハウを体感できる記事を執筆していただいた。昨今のDXトレンドなどについて聞いたショートインタビューとともに、3回にわたって「Red Hat OpenShift on IBM Cloud」の実践的な活用方法をお届けする。(2019/10/18)

クラウドネイティブアプリ開発の課題に対応:
MicrosoftがAlibaba CloudとOAMプロジェクトを発足、アプリケーションを記述する共通仕様
Microsoftは2019年10月16日(米国時間)、Alibaba Cloudと共同で、クラウドネイティブアプリケーションを記述する仕様であるOpen Application Model(OAM)のプロジェクトを、Open Web Foundationの下で発足したと発表した。Microsoftは同時に、この仕様のKubernetes実装であるRudrを同社が開発したことも紹介した。(2019/10/18)

米Niantic、新ツール「Niantic Wayfarer」のテストを「Ingress」で開始 年内に「ポケモンGO」にも
米Nianticは、「Ingress」のポータルや「Pokemon GO」(ポケモンGO)のポケストップとして申請された場所をレビューするツール「Niantic Wayfarer」を発表した。年内にはポケモンGOにも展開するとしている。(2019/10/11)

『旅と鉄道』増刊は「アニメと鉄道2019」 長井龍雪監督「空の青さを知る人よ」などを特集
「天気の子」「響け! ユーフォニアム」などの作品やラッピング列車も紹介します。(2019/10/2)

eスポーツ大会、優勝賞金500万円が10万円に JeSUに批判が集中した「賞金490万円減額問題」の争点を解説
「何のためのプロライセンスなのか」「なぜ中学生だと賞金を受け取れないのか」などネット上で不満が噴出。(2019/9/19)

キーワードは「DX」「マルチクラウド」:
PR:ロードバランサー/プロキシサーバの両雄、F5とNGINXが統合した本当の理由
2019年3月、F5 NetworksはOSS企業のNGINXを買収した。なぜ、F5 NetworksはNGINXを統合したのか。F5ネットワークスジャパンの権田裕一氏と中島健氏に、市場の動向、統合の狙いや今後の展開、ユーザー企業に対するメリットなどを聞いた。(2019/9/10)

複数クラスタのライフサイクル集中管理も:
VMwareが「Tanzu」を発表、Kubernetes関連製品をモジュール型で提供
VMwareは2019年8月26日(米国時間)、年次イベント「VMworld 2019」で、エンタープライズKubernetesベンダーとしての戦略を披露した。同社は「VMware Tanzu」というブランド名で関連製品群を包括的に展開していく。(2019/8/28)

「ポケGO」で送客、Nianticの位置情報マーケティング戦略
位置情報とAR(拡張現実)を組み合わせたスマートフォンゲームで知られる米Niantic。位置情報ゲームは他社にもあるが、その特性を生かしたマーケティング戦略は他社に見られないものだ。スポンサー戦略について聞いた。(2019/8/27)

「Ingress」「ポケGO」のナイアンティックが初めて作ったサービス「Field Trip」が年内終了
全てのルーツともいえる。(2019/7/14)

「ポケモンGo」のルーツ、「Field Trip」サポート年内終了
「ポケモンGo」のNianticが、同社のアプリ第1号「Field Trip」のサポートを年内に終了する。6月に「ハリー・ポッター:魔法同盟」をスタートした同社は、「世界中のたくさんのプレイヤーの方々に向けてすばらしいAR体験をつくることに集中するためには、優先順位をつける必要がある」と説明した。(2019/7/14)

“ハリポタGO”こと「魔法同盟」をゲーム未経験の記者が遊んでみた
7月2日配信の"ハリポタGO"こと「ハリー・ポッター:魔法同盟」を記者が体験した。(2019/7/2)

“ハリポタGO”とポケモンGOは何が違う? 「ハリー・ポッター:魔法同盟」公開直前レビュー
“ハリポタGO”の公開直前デモバージョンをプレイしてみて分かったゲームコンセプトや、Pokemon GOとの共通点や違いなどをレポートする。(2019/6/21)

“ハリポタGO”、米国などで6月21日に配信開始 日本は「近々」
ARを活用したスマートフォン向け位置情報ゲーム「ハリー・ポッター:魔法同盟」(iOS/Android)が、米国などで21日に公開。日本でも近々公開される。(2019/6/19)

IBMテクノロジーの“認定インフルエンサー”、「IBM Champions」からのメッセージ:
PR:もっとスケーラブルなWordPress実装をKubernetesクラスター上にデプロイする
IBMのソリューションやソフトウェアに対し、そのテクニカルコミュニティーにおいて高度な貢献をしたエンジニアを表彰する制度「IBM Champions」。2008年に創設され、2018年までにグローバルで計650名、うち日本人は計51名が選出されている。では彼らが見ている“テクノロジー最先端の風景”とはどのようなものなのか?――編集部では、2018年にIBM Championsに選ばれた三人に記事執筆を依頼。「言葉」ではなく、具体的な「知見・ノウハウ」を通じてメッセージを発信してもらった。ぜひ実際に頭と手を使って、彼らの視点を体感してみてはいかがだろう。(2019/5/21)

改元関連のツイートは1200万以上 平成から令和へ、Twitterでも盛り上がる
令和になってから1時間の間に投稿された「#ハロー令和」「#令和」を含むツイートは500万超。(2019/5/1)

「ハリー・ポッター:魔法同盟」ユーザー名、今日から予約可能に
ポケGO、Ingressのユーザーは、これまで使っていた名前を魔法同盟でも利用できる。(2019/4/10)

さよならGoogle+。「正直ダメだったところと大好きだったところ」を、最後まで愛したユーザーたちに聞いた
ここでしか出会えない人たちがいた。(2019/4/2)

Eテレ特番「平成ネット史(仮)」が今度はラジオで NHKラジオ第一で3月21日21時5分から
テレビ版でナレーターを務めた緒方恵美さんが、今回はゲストとして出演。(2019/3/19)

Mobile Weekly Top10:
どうしても気になる「分離プラン」 割り引きはどうなる?/決済に「スマホ」「QR」は必要?
総務省が法令改正で義務化する「分離プラン」。端末購入に伴う通信料金の割り引きはできなくなりますが、端末自体の割り引きは可能です。制度設計によっては端末の売れ行きに急ブレーキが掛かり、同省が推進しようとしている中古端末の流通にも悪影響が出るかもしれません。(2019/3/19)

「ハリー・ポッター:魔法同盟」に見る「ポケモンGO」「Ingress」からの進化
ナイアンティックが2019年の配信を予定している「ハリー・ポッター:魔法同盟」。これまでのリアルワールドゲーム開発の経験を踏まえ、どのような戦略で開発されたのか。米サンフランシスコのナイアンティック本社で一足先にプレイした。(2019/3/11)

ポケモンGOのNiantic、ハリー・ポッター新作ARゲームの邦題を「魔法同盟」に
Nianticが2019年に公開する新作ARゲームの日本向けタイトルが「ハリー・ポッター:魔法同盟」になる。(2019/3/11)

「ここ10年以内に発売された革新的なゲームは何か」議論が盛り上がる 候補に「デモンズソウル」「マイクラ」など
はてな匿名ダイアリーのエントリーが発端。賛意や異論が入り交じるなか、各々が推しのゲームを挙げています。(2019/3/5)

「サイズ約40MBの単一バイナリ」:
Rancher Labs、エッジ向けKubernetes軽量ディストリビューションOSSプロジェクト「k3s」を開始
Rancher Labsは2019年2月26日(米国時間)、IoTなど、コンピューティングリソースへの制限が厳しい環境で動かすためのKubernetesディストリビューションを開発するオープンソースプロジェクト、「k3s」を開始した。(2019/2/27)

「ポケモンGO」で挫折した私が「テクテクテクテク」を楽しめている理由
ドワンゴのスマートフォン向け位置情報ゲーム「テクテクテクテク」が11月に配信された。既存の位置情報ゲーム「Pokemon GO」とはどこが違うのだろうか。(2018/12/13)

「Pokemon GO」のNiantic、国連の観光キャンペーンを監修 世界観光機関と提携
「Pokemon GO」を開発する米Nianticが国連世界観光機関と提携。AR技術を活用したスマートフォンゲームと、実際の観光体験を組み合わせ、世界の観光地の認知度を上げるキャンペーンの監修を行う。(2018/11/21)

VTuber旋風、DCEXPOにも
InterBEE 2018と同時開催された「DIGITAL CONTENT EXPO 2018」ではVTuber支援システムが花盛り。(2018/11/19)

Ingressの次世代「Ingress Prime」公開 ビジュアル、操作面など刷新
Nianticがスマートフォンゲーム「Ingress Prime」を公開。ビジュアルや操作面、サウンドなどを刷新した。従来のIngressは、別のアプリとして引き続き提供する。(2018/11/6)

「Ingress」の新版「Ingress Prime」リリース 「ポケGO」でリリース記念イベントも
(2018/11/6)

六本木でポケモンの声に耳を澄ます バーチャルジムで足元ガクガク? NianticのARイベント体験レポート!
現実の庭園に本当にポケモンたちが隠れているような感覚に。NianticのAR技術が現実と虚構を融合させる。(2018/10/12)

六本木に「登れるポケモンジム」「Ingressの世界」出現! NianticがARイベント開催
六本木ヒルズにNianticのARが展開。(2018/10/4)

ITはみ出しコラム:
「Ingress」アニメ化の心配は試写会で吹き飛んだ?
人気ゲームをアニメ化する場合、もともとのゲームプレイヤーとアニメで新しく入ってきた層をどちらも満足させるのはなかなか難しいものです。「Ingress」の場合はどうなっているのか、試写会に行って確かめてきました。(2018/9/2)

ポケモンGO横須賀、初日レポート 出現するポケモンは? 記者がゲットした241匹の内訳を公開
(2018/8/30)

ポケモンGOのNiantic野村氏に聞く 東京でゲームを開発することに決めた理由
世界的なポケモンGOブームを巻き起こした米Nianticが、今なぜ東京に新しい開発拠点「Tokyo Studio」を設立したのか。スタジオの代表であり、ポケモンGOの生みの親でもある野村達雄氏に話を聞いた。(2018/8/13)

ナイアンティックが東京に開発拠点 エンジニアやデザイナーを年内に倍増へ
IngressやポケモンGOを開発・運営しているNianticが都内に開発拠点「Tokyo Studio」を開設。ポケモンGOのゲームディレクターとして知られる野村達雄氏が代表を務め、ARや位置情報技術を用いた新規コンテンツの開発にも取り組む。(2018/7/31)

シカゴの「ポケモンGO」イベントで聞いた、Nianticのリアルイベントに対する思い
米Nianticが、シカゴでリアルイベント「Pokemon GO FEST 2018」を開催。会場を訪れ実際の様子をレポートするとともに、NianticでポケモンGOのグローバルマーケティングリーダーを務める須賀健人氏に、イベントに対する思いを聞いた。(2018/7/16)

アニメ「イングレス」のNetflixでの10月世界公開に合わせ、ゲーム「Ingress Prime」始動へ
フジテレビジョン制作のアニメ「イングレス」が10月にNetflixで世界配信される。これに合わせ、ゲームのIngressの大幅アップデート「Ingress Prime」も10月に実施するとNianticのジョン・ハンケCEOがVirietyに語った。(2018/7/9)

「ポケモンGO」を作った企業 Niantic米国オフィスは予想外の空間だった
「ポケモンGO」や「Ingress」を作った米Nianticとは、どのような企業なのか。米サンフランシスコ市内の新オフィスを訪問する機会を得たので紹介したい。(2018/6/30)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。