レビュー
» 2017年01月30日 20時11分 UPDATE

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:P9から予想以上に大きく進化していた――「HUAWEI Mate 9」のカメラをいじり倒す (1/3)

「P9」に続き、「Mate 9」も「LEICA」ブランドのレンズを搭載してきた。P9から何が変わったのか? 画質はどれだけ差があるのか? 2機種で撮り比べてみた。

[荻窪圭,ITmedia]

 P9でスマホカメラ界に衝撃を与えたHuaweiが間髪を入れず、それを上回るカメラを、もといスマホを投入してきたのは、さすがアジアのスピード感。ハイエンド機だけに「LEICA」ブランドのレンズを搭載したライカなスマホカメラである。

 その名も「HUAWEI Mate 9」。略すとM9。「LEICA M9」といえば2009年に発売された35mmフルサイズのレンジファインダーカメラ。MといえばライカMなので、略したらMになる単語を狙った……のかもしれない。紛らわしいのでM9と略さずちゃんとMate 9と書く。

 戯れ言はいいとして、P9と同様、Mate 9もデュアルカメラを搭載している。片方がモノクロセンサーで片方がカラーセンサー。ただレンズの位置と並びがP9とは違う。

 並びが横から縦になり、その場所もボディーの中心に移動した。背面が少しカーブしたボディー形状にも合っているし、中心にレンズを置いた方がカメラとして使いやすいし、目立つ。よいことである。

HUAWEI Mate 9 左がMate9、右がP9。大きさもデザインも一新された
HUAWEI Mate 9

デュアルカメラの秘密

 Mate 9は例によってデュアルカメラである。P9は1200万画素(12M)のカラーのカメラと、同じく12Mのモノクロのカメラのデュアルだった。

 Mate 9はカラーのカメラは同じく12Mだが、光学式手ブレ補正に像面位相差AF搭載。レンズはF2.2で画角は27mm相当。モノクロのカメラは20Mに画素数アップ。アウトカメラの画素数はそのままに、モノクロ側を強化してきたのだ。何を狙ったのか。

HUAWEI Mate 9 縦に並んだデュアルカメラ

 このカメラは使い分けるものじゃない。両方を同時に使う。両方を同時に使って画質を……具体的にいえばディテールの描写力を上げるために使うのである。12Mのカラーより、20Mのモノクロの方がずっとディテールの情報を豊富に持っているからだ。

 実験してみよう。やりかたは簡単、モノクロカメラの方を指で塞いだときと塞いでないときで撮り比べるのである。

HUAWEI Mate 9 モノクロの方を指でふさぐとこんなアラートがでる。ええ、手で覆ってますとも!

 被写体はこれ。

HUAWEI Mate 9 滑り台と葉っぱの落ちた桜とフェンスと、チェックポイントがいろいろある構図。これは指でふさいでいない方

 分かりやすいように、指でふさいだ方と塞いでない方の両方を等倍で並べて見たのがこちらだ。

HUAWEI Mate 9 左がカラーカメラのみ(モノクロカメラだけを指でふさいだ)の場合、右がカラー+モノクロ20Mの場合

 明らかにデュアルカメラを使った方がフェンスや枝のディテールがしっかりしているでしょう。

 じゃあ同じデュアルカメラを使ったP9と比べたらどうか。モノクロカメラの画素数が増えた意味はあるのかチェックである。

HUAWEI Mate 9 左がP9、右がMate 9

 一見、P9の方がくっきりしているようだが、ディテールが太く無理に強調しているようで不自然。Mate 9の方が自然に解像感が上がっている。違いはあったのだ。

 ちなみに、モノクロモードにすると、モノクロ20Mの力をフルに発揮した写真を撮れる。これは素晴らしいのでモノクロ写真を撮りたい人はぜひ。作例はのちほど。

 さてMate 9はここで欲を出した。カラーは12Mでもモノクロ20Mのデータをうまく使えば、きれいな20Mのカラー写真を作れるんじゃね?

HUAWEI Mate 9 解像度に20Mを選べるのだ

 それで撮ったのがこちら。

HUAWEI Mate 9 20Mモードで撮影した滑り台

 これも同じように、モノクロカメラを指でふさいだものと、ふさいでいないもので等倍比較してみよう。

HUAWEI Mate 9 左がカラーカメラのみ、右がカラー+モノクロで20Mモードで撮ったもの

 はいこの通り、カラーの12Mカメラのみで20Mの画像を作り出すとディテールがかなりもやっとしちゃって、無理にデジタル処理で拡大しましたって感じ。モノクロカメラを使った方はディテールがそれなりに出ている。

 というわけで、ディテールがしっかりした写真が撮れたのである。やはり意味はあったのだ。

 普段スマホを使っていて「20Mの高解像なデータが欲しいか」といわれると、そんなことはない。だが、デジタルズームしたときにこのディテール描写力が効いてくるのだ。2倍ズームくらいならけっこうイケちゃう。

 設定は12Mにしておき、デジタルズーム時にモノクロ20Mカメラの威力を発揮してもらうのがよい使い方かと思う。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう