ニュース
» 2017年03月09日 14時42分 UPDATE

トレンドマイクロ、通信を暗号化するセキュリティアプリ「フリーWi-Fiプロテクション」発売

トレンドマイクロは、3月9日にスマートフォン・タブレット向けセキュリティアプリ「フリーWi-Fiプロテクション」を発売。フリーWi-Fiのアクセスポイントを介した通信をVPNで暗号化し、第三者から通信傍受や情報漏えいを防ぐ。

[エースラッシュ,ITmedia]

 トレンドマイクロは、3月9日にAndroid/iOS向けセキュリティアプリ「フリーWi-Fiプロテクション」を発売した。価格は1年版ライセンスが2900円(税込、以下同)、2年版ライセンスが5000円。

PhotoPhoto iOS版「フリーWi-Fiプロテクション」の画面イメージ

 本アプリではフリーWi-Fiのアクセスポイントを介した通信をVPN(Virtual Private Network)で暗号化し、万が一安全性の低いアクセスポイントに接続してしまった場合でも第三者からの通信傍受やデータの情報漏えいを防ぐ。利用期間中であれば端末の変更も可能だ。

 通信を暗号化していない安全性の低いフリーWi-Fi接続時や、指定したWi-Fiへ接続する際に自動的に暗号化する「かんたん自動接続」機能を搭載。また、同社のクラウド型セキュリティ技術基盤「Trend Micro Smart Protection Network(SPN)」と連携し、フィッシング詐欺サイトなどの不正サイトへアクセスすることをブロックする(HTTPを使ったWebサイトに限る)。

Photo 「フリーWi-Fiプロテクション」の利用イメージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう