ニュース
» 2017年06月23日 18時02分 UPDATE

AIサービスを他社と共同開発 ドコモが「AIエージェントAPI」を開放

NTTドコモは、6月23日に中期戦略2020「beyond宣言」で掲げているAIエージェントの実現に向け、基盤の中核となる「AIエージェントAPI」を開発したと発表。「先読みエンジン」「多目的対話エンジン」「IoTアクセス制御エンジン」の3つで構成されている。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモは、6月23日に「AIエージェントAPI」の開発について発表した。中期戦略2020「beyond宣言」で掲げている、AIエージェントの実現に向けた基盤の中核となる。

 AIエージェントは、利用者との対話を通じ、1人1人の要望に的確に応えたサービスの提供やIoT機器の操作を可能にする人工知能。本APIは新たなAIエージェントを構築するための基本システムで、NTTグループのAI「corevo」の1つである「先読みエンジン」と「多目的対話エンジン」「IoTアクセス制御エンジン」の3つで構成されている。

Photo 「AIエージェント」利用イメージ

 先読みエンジンは、AI技術を活用した自動車向けの音声エージェントサービス「AIインフォテイメントサービス」などで培った行動分析技術により、1人1人に合わせた情報を適切なタイミングで提供する。

 多目的対話エンジンは、18億回以上の利用実績がある「しゃべってコンシェル」などで培った自然言語処理技術により、自然な対話を通したサービス提供を可能とする。IoTアクセス制御エンジンはデバイスWebAPIの技術で、異なる通信規格のIoT機器を1つのアプリで制御可能とする。

 同社では本APIを開放し、音声インタフェースをベースとした新たなサービスを他社と共同開発する「ドコモAIエージェント・オープンパートナーイニシアティブ」を推進。2018年度早々に新AIエージェントサービスを提供する予定だ。

 ドコモAIエージェント・オープンパートナーイニシアティブは、ドコモのモバイルペイメント(ケータイ払い、iDなど)やdポイントの活用、AI技術などを活用した精度の高いマーケティング環境の実現、などの特徴も備えている。

Photo 「ドコモAIエージェント・オープンパートナーイニシアティブ」イメージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう