まとめ
» 2017年09月19日 13時33分 公開

間もなく配信! iOS 11の進化点をざっくりまとめる (1/2)

iOS 11が9月20日に配信される。iOS 11では何が変わるのか? Appleが公開している情報をまとめた。

[田中聡,ITmedia]

 日本では9月20日(恐らく未明)に配信される、iOSデバイス向けの最新OS「iOS 11」。対応機種はiPhoneがiPhone 5s以降、iPadがiPad AirやiPad mini 2以降、iPod touchは第6世代。iOS 11では何が変わるのか? Appleが公開している情報をもとに、おさらい&予習しておこう。

iOS 11

コントロールセンターのデザインを一新

 画面下から上方向にスワイプして呼び出せる「コントロールセンター」のデザインが一新され、ページの構成はiOS 10の2ページから1ページにまとまった。設置する機能はカスタマイズができる。3D Touchを使ってアイコンを押し込むと、さらに詳細な設定ができる。

iOS 11 新しいコントロールセンター

 ロック画面と通知センターが統合され、上にスワイプすると、過去に受信した通知もまとめて確認できるようになる。つまりロックを解除せずに、直近と過去の通知が分かる。

 ユーザーが自動車を運転すると、その様子を感知して「おやすみモード」が自動で有効になる。運転中にメッセージが来ると、運転中なので返信できない旨のメッセージを返してくれる。

 「マップ」アプリでは、インドアマップが利用可能になり、世界各国の空港やショッピングセンターが対象となる(日本は東京のショッピングセンターのみが対象)。

iOS 11 インドアマップ

 文字入力では新たに「片手入力」モードが追加される。地球儀アイコンを長押しして「片手入力」を選択すると、キーボードを左か右に寄せられる。文字通り片手で入力するのに便利な設定だ。

iOS 11 キーボードの左右寄せが可能に

 簡単に初期設定ができる「クイックスタート」を用意。新しく購入したiPhoneやiPadを、これまで使っていたiOSデバイスに近づけるだけで、自分のApple IDで自動サインインでき、各種設定やアプリが復元される。

カメラはLive Photosに新機能

 カメラはLive Photos機能が進化。同じシーンを何度も繰り返す「ビデオループ」、逆再生する「バウンス」、シャッターを開いたまま露光させる「長時間露光」が利用できるようになる。

iOS 11 Live Photosの長時間露光

 ポートレートにも使える新たなフィルターも用意した。

 撮影した動画のコーデックとして、従来のH.264より2倍の圧縮率を持つH.265/HEVCを新たにサポートする。

 QRコードの読み取りには、これまで別アプリを使わなければならなかったが、iOS 11ではカメラアプリから直接QRコードを読み取れるようになった。

iOS 11 カメラアプリからQRコードを撮影

App Storeがリニューアル

 従来の「おすすめ」「カテゴリ」「ランキング」「検索」「アップデート」タブを、「Today」「ゲーム」「App」「アップデート」「検索」に変更する。新たにToday、ゲーム、Appタブが追加された。

iOS 11 新しくなったApp Store

 Tadayでは、アプリ開発の舞台裏や、各アプリのヒントとコツ、エディターが厳選したオススメアプリなどの情報を届ける。記事は毎日更新される。

 特に人気があるので専用タブを作ったというゲームでは、熟練のゲーマーたちがオススメのゲームを紹介する。

 カテゴリーごとのアプリは、Appタブから探せるようになる。検索機能も進化させ、ストーリー、ヒントとコツ、テーマごとのリストなども検索可能になる。

 各アプリのページも改修。ランキングに入っている場合はその順位を表示し、アプリの紹介動画の本数も増やしている。アプリ内課金が、App Storeのアプリページから可能になる。

iOS 11 アプリのページも改修

Siriがさらに賢く

 ユーザーの行動を学習し、先読みして提案や設定をしてくれる。例えばオンラインでチケットの予約を取ったり、Webサイトでフライトの時刻を確認したりすると、その情報を自動でカレンダーに追加してくれる。これらはSiriの機械学習がベースになっており、学習した情報は、Siriが使えるiOS・macOSデバイスを横断して反映される。

iOS 11 Webで予約した内容をカレンダーに自動で登録してくれる

 Siriの表現力がさらに豊かになり、自然な新しい声に変更される。

 Siriを介した翻訳も可能になるが、現時点で日本語はサポートしていない。

Apple Musicでは友達が聴いている楽曲が分かる

 音楽配信サービス「Apple Music」では、プレイリスト、アルバム、Radioステーションを公開できるようになる。「友達が聴いている音楽」というコーナーが新設され、これまで知らなかった新しいアーティストや楽曲に出会うチャンスが増える。

iOS 11 Apple Musicに「友達が聴いている音楽」を追加

 新たな「AirPlay 2」では、iPhoneの音楽を、家に設置してある複数のオーディオシステムから出力できるようになる。

iOS 11 iPhoneから複数のオーディオシステムを操作できる

関連キーワード

iOS 11 | iPad | Apple | Siri | Apple Music | App Store | QRコード | HEVC | AirPlay | Dropbox | H.264 | iOS 10


       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう