ニュース
» 2017年10月17日 13時00分 公開

ユーザーを識別して話しかけてくれるロボット「Xperia Hello!」登場 14万9800円 (1/2)

ソニーモバイルが「Xperia Hello!」を11月18日に発売する。ユーザーの顔を認識して、さまざまな情報を話しかけてくれる。家族にメッセージを送る機能や見守りの機能も備えている。

[田中聡,ITmedia]

 ソニーモバイルコミュニケーションズが10月17日、パーソナルエージェント「Xperia Hello!(G1209)」を発表。11月18日からソニーストアや家電量販店で販売する。ソニーストアでの価格は14万9800円(税別)。

Xperia Hello!Xperia Hello! 「Xperia Hello!」

スマートスピーカーとの違いは?

 Xperia Hello!は、「Xperia Ear」「Xperia Touch」に告ぐ、ソニーモバイルのスマートプロダクト。これまで「Xperia Agent」として発表されていたが、Xperia Hello!に製品名を変えて商品化されることが決定。ソニーモバイルは本機を「家族の一員として日々の暮らしをアシストするコミュニケーションロボット」と説明している。

 最大10人のユーザーを登録でき、登録したユーザーをカメラが見つけると、それぞれのユーザーに合わせた情報やメッセージを音声で伝えてくれる。スマートスピーカーはユーザーが能動的に話しかけて使う必要があるが、Xperia Hello!はデバイスから能動的に話しかけてくれるのが大きな違い。情報は4.6型HD(720×1280ピクセル)液晶ディスプレイで表示し、スピーカーで話しかける。前後に2つずつ人感センサーを搭載しており、約3m先のユーザーを認識できる。

Xperia Hello!Xperia Hello! 最大10人のユーザーを登録できる(写真=左)。Skypeのアカウント、誕生日、利用する路線などを個別に登録する(写真=右)
Xperia Hello!Xperia Hello! 登録した連絡先一覧(写真=左)。ここからSkype通話ができる(写真=右)

 顔認識はAndroid標準のものではなく、ソニーモバイル独自の顔認識エンジンを採用。ディープラーニングを活用することで、複数のユーザーを識別できる。ただし子どもが成長して大人になった顔を同一人物と判定することはできない。またサングラスを着用すると認識できなくなるが、写真での認識はできてしまうとのこと。

Xperia Hello!の主な機能

 ソニーモバイルはXperia Hello!を家族で利用することを想定しており、大きく「コミュニケーション」「見守り」「情報通知」という3つの機能を搭載した。

 コミュニケーションでは、LINEを利用した家族へのメッセージ、Skypeを利用した通話、独自機能としてビデオ伝言を利用できる。

 LINEはXperia Hello!とスマートフォンから友だち登録をすることで、スマートフォンからXperia Hello!あてに届いたメッセージを読み上げてくれる。スマートフォンのLINEからXperia Hello!にメッセージを送る際、送り先を決められる。送り先はXperia Hello!に登録したユーザーの中から選べる。

Xperia Hello! 誰にメッセージを送るかを選べる
Xperia Hello!Xperia Hello! メッセージを送信(写真=左)。Xperia Hello!の画面にメッセージが表示され、音声で読み上げてくれる(写真=右)

 事前に登録したユーザーの顔を識別して、メッセージを読み上げてくれる。例えば子どもがスマホからXperia Hello!でお父さんを指定してメッセージを送る場合、Xperia Hello!のカメラがお父さんを見つけると、子どもからのメッセージを自動で読み上げてくれる。

 メッセージを読み上げるのは、あくまでXperia Hello!あてに届いたメッセージのみで、ユーザーのLINEあてに届いたメッセージを読み上げるわけではない。

 また、Xperia Hello!から、登録したユーザーのスマートフォンにLINEでメッセージを送ることもできる。自宅から外出先にいる家族に用件を伝えるときに役立つ。スマホからスマホへ送るのが通常だが、Xperia Hello!ならスマホを持たずに、音声だけでメッセージを送れる。

Xperia Hello!Xperia Hello! Xperia Hello!からスマートフォンにLINEで動画を送信
Xperia Hello! スマートフォンで表示

 あらかじめ登録したアカウントあてにSkypeの音声通話かビデオ電話ができる。ビデオ伝言は、例えば子どもが友達の家に遊びに行く、親が買い物に行くといったときに、手書きのメモを残す代わりに使える。もちろんメールで送るという手段もあるが、伝言を残した本人が確実に家にいたことが分かるから、伝言を受けた側もより安心できるだろう。ビデオ伝言もLINEと同様、特定の相手に向けたメッセージを残し、顔を識別してメッセージを伝えてくれる。

 家族とのコミュニケーションのきっかけを作る機能として、誕生日や結婚記念日などのイベントを覚えさせ、当日に話してもらえる。イベントは声で直接登録するか、連携するスマートフォンのGoogleカレンダーアプリから登録できる。

 見守り機能は、Xperia Hello!のLINE経由で、Xperia Hello!周囲の自宅の様子を遠隔で確認できるもの。その際、(ユーザー登録した)家族をいつ見かけたかを教えてくれるほか、家の中を360度回転して撮影した写真を送ってもらうこともできる。

Xperia Hello!Xperia Hello! LINE経由で自宅の確認をお願い(写真=左)。Xperia Hello!が周囲を撮影してくれる(写真=右)

 情報通知では、登録したユーザーに合わせた情報を教えてくれる。内容はニュース、交通情報、天気予報、リマインダー、メッセージなど。ニュースは共同通信のものが配信され、興味のあるカテゴリーからピックアップしてくれる。交通情報はユーザーの通勤経路で障害や事故などが発生した際に教えてくれる。天気予報は周辺の天気を教えてくれる。通知するタイミングは、いずれもXperia Hello!がユーザーを見つけたとき。

Xperia Hello!Xperia Hello! ニュースを読み上げ&表示(写真=左)。天気予報を読み上げ&表示(写真=右)
Xperia Hello! こちらは路線情報

 ユーザーを見つけたときだけでなく、「ハイ、エクスペリア」と話しかけると、他社のスマートスピーカーのように調べ物をしたり会話をしたりできる。検索にはWikipediaを利用する。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう