ニュース
» 2017年11月06日 14時45分 公開

iPhone Xの有機EL、「焼き付き」は大丈夫? Appleがサポートページで言及

Appleがサポートページで「iPhone X」の有機ELについて説明している。iPhone Xでは、有機ELの焼き付きを低減させる点で最高水準を目指したという。有機ELを長持ちさせるための設定についても述べている。

[田中聡,ITmedia]

 Appleがサポートページで「iPhone X の Super Retina ディスプレイについて」と題したページを公開している。

iPhone Xディスプレイ

 「iPhone X」は、iPhoneでは初めて有機ELを搭載しており、AppleはiPhone Xのディスプレイを「Super Retinaディスプレイ」と呼んでいる。iPhone Xのディスプレイはコントラスト比が100万対1と高く、同社が「最高水準」と呼ぶカラーマネジメントによって色の再現精度にもこだわった。HDRにも対応しており、Dolby VisionやHDR10方式の映像コンテンツを再生できる。

 一方で有機ELは、同じ画像を表示し続けると、その画像が残って映る「焼き付き」が起こりやすいことがデメリットとされている。Appleは、iPhone Xの有機ELでは焼き付きを低減させるという点でも、業界最高を目指したとしている。

 ただし「焼き付きが全く起こらない」とは述べておらず、iPhone Xのディスプレイを長持ちさせ、最大限活用できるよう、以下の点に配慮してほしいと述べている。

  • OSを最新バージョンにすること
  • 明るさの自動調節をオンにすること
  • iPhone Xを使わないときは、できるだけ画面をオフにすること(自動ロックの時間を短くすることを推奨)
  • 静止画を最大輝度で長時間表示し続けることを避けること
  • 一定時間、画面を表示し続ける場合は、できるだけ明るさを下げること
iPhone Xディスプレイ 明るさの自動調節は、「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「ディスプレイ調整」から設定できる。初期状態ではオンになっている

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう