ニュース
» 2017年12月28日 10時10分 公開

クリスマスの週に最もアクティベートされたのは、やはりiPhone──Flurry調べ

12月19日〜25日にアクティベートされたスマートフォン/タブレットのメーカー別ランキングの1位は、2016年同様Appleだった。44%と他を大きく引き離している。2位のSamsungは2016年より5ポイント増やした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米調査会社Flurry Analyticsは12月27日(現地時間)、恒例のクリスマスの週におけるスマートフォンおよびタブレットのメーカー別アクティベート数調査結果を発表した。2016年に続き米Apple(iPhoneおよびiPad)が他を引き離した。

 flurry 1 2017年クリスマス週のメーカー別アクティベート数(資料:Flurry Analytics)

 Flurryが調査したのは12月19日〜12月25日の1週間に世界でアクティベートされた端末の台数だ(レポートにはアクティベートされた端末の総数は明示されていない)。この期間にアクティベートされる端末の多くは、クリスマスプレゼントとして贈られたものと考えられる。

 米Appleは2016年と同じ44%。2位が韓国Samsung Electronics(Galaxyシリーズ)というのも2016年と同じだが、シェアが前年比5ポイント増えた。2016年ランクインしていた米Amazon(Kindle)がランク外になり、中国Vivoが初登場した。

 Appleの端末の内訳を見ると、最も多かったのは最新モデルではなく、2016年9月に発表した「iPhone 7」で15.1%だった。次は2014年9月発表の「iPhone 6」で14.9%。3位にようやく最新モデルの「iPhone X」が入り、14.7%だった。

 flurry 2 iOS端末のアクティベート内訳(資料:Flurry Analytics)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう