ニュース
» 2018年02月28日 17時49分 公開

119番通報と同時にSOS発信できる「Coaido119」、全国で利用可能に

Coaidoは、2月28日に緊急情報を共有し、119番通報と合わせて周囲に助けを求められるアプリ「Coaido119」の利用可能エリアを全国に拡大。併せて「心停止地域救命率マップ<全国版>」を公開した。

[エースラッシュ,ITmedia]

 Coaidoは、2月28日にiPhone向け緊急情報共有アプリ「Coaido119(コエイド119)」の利用可能エリアを全国に拡大した。アプリのダウンロードは無料。Android端末も将来的な対応を予定している。

Photo 緊急情報共有アプリ「Coaido119」の利用エリアが全国に拡大

 本アプリは、119番通報と同時に周囲にSOSを発信できるというもの。救急車が到着するまでの約10分間、事前登録した医療有資格者や救命講習受講者、AED設置者へ救命ボランティアを要請できる。2017年8月〜2018年1月に豊島区で行った実証実験を経て、利用可能エリアを全国に拡大した。

 通報時のセルフトリアージで「軽いけが/症状/相談」を選択した際、端末の位置情報を使って現在地の都道府県の相談ダイヤル、医療機関の案内サービスが自動表示される機能も全国対応している。

Photo セルフトリアージで相談ダイヤルなどを自動表示する機能も全国に対応

 現在、アプリにAED設置場所情報を掲載しているのは豊島区のみ。SOS発信地の周囲のAED設置施設へ自動で発生情報を即時伝達する「AEDエリアコール」の受信登録は池袋駅周辺の27施設のみ対応。AED設置場所情報の掲載、「AEDエリアコール」の受信登録、ユーザー登録促進プロモーションなどの地域実装についてはパッケージでの有償提供となる。

 あわせて、アプリ公式サイト上で「心停止地域救命率マップ<全国版>」を公開。本図表はCC BY-NDライセンスの元、作成者のクレジット表示および改変しないことを条件に営利目的で自由に利用できる。

Photo 心停止地域救命率マップ<全国版>
photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう