ニュース
» 2018年05月29日 20時30分 公開

KDDIとTelexistence、遠隔操作ロボットの量産型プロトタイプ「MODEL H」を開発

KDDIとTelexistenceが、遠隔操作ロボットの量産型プロトタイプを共同開発。夏をめどに、ロボットの遠隔操作体験を体感できる一般向けイベントも開催する予定だ。

[エースラッシュ,ITmedia]

 KDDIとTelexistenceは5月29日、視聴覚や触覚を伝送するテレイグジスタンス技術、VR(仮想現実)技術、通信技術やクラウド技術を活用した遠隔操作ロボットの量産型プロトタイプ「MODEL H」を開発したことを発表した。

Photo 遠隔操作ロボットの量産型プロトタイプ「MODEL H」

 MODEL Hの開発において、KDDIはグループ企業の持つ伝送技術を活用して映像伝送の低遅延化に成功したほか、商用のモバイルネットワーク (LTE) を使った操作耐久試験を実施。他の商用通信とロボット操作用通信の両立を確認した。

 このロボットは、製品化を前提とした使いやすさ、耐久性の向上、起動・使用開始時間の短縮、デザインの洗練、独自クラウドインフラ、移動体通信・インターネット対応も実現している。

 具体的には、操作側は可搬型ケースに制御コンピューター、赤外線3D位置測定、VRや触覚機器を内蔵して大幅なコンパクト化を可能とし、触覚提示デバイスのモジュール化とUI/UXを向上。ロボット側はインターネットを使用した低遅延な視聴覚/触覚の伝送、量産を想定した機構設計の確立、製品化を想定したロボットの外装デザインの確立、ホイールを使った遠隔地での移動、可搬重量の大幅な向上、バッテリー駆動を可能としている。

Photo イメージ画像

 2018年夏頃にはロボットの遠隔操作を体験できる一般向けイベントも実施する予定。イベントは小笠原返還50周年記念事業の一環として行い、東急不動産、鹿島建設、CiP協議会と共同で検討している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう