ニュース
» 2018年06月25日 20時31分 公開

上肢に障がいのあるユーザーを補助 ドコモがiOS向けアプリ「シンプルフリック」を提供

NTTドコモは、6月26日にスマートフォンの操作を補助するiOS向けアプリ「シンプルフリック」を提供開始。上肢に障がいのあるユーザーの声を受けて開発し、操作画面上の任意の場所をフリックするだけでよく使うメニューを簡易に起動することができる。ダウンロードは無料。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモは、6月26日にスマートフォンの操作を補助するiOS向けアプリ「シンプルフリック」を無料で提供開始する。

 本アプリは上肢に障がいのあるユーザーの声を受けて開発。操作画面上の任意の場所をフリックするだけで、よく使うメニューを簡易に起動できる。電話、メール、アプリ、ブックマーク機能でよく使う宛先や項目を事前に上下左右の位置に割り当てておけば、2回のフリック操作で起動可能。フリック操作は操作画面上のどこからでも開始できる。

 操作方法は上下左右の方向に2回フリックしてメニューを選択する「2フリックモード」、左右の方向のみにフリックしてダブルタップで決定する「フリック&ダブルタップモード」を用意。フリックの代わりに音声操作にも対応し、音声読み上げ機能も利用できるため、視覚に障がいのあるユーザーも活用できる。

PhotoPhoto 2フリックモード(写真=左)、フリック&ダブルタップモード(写真=右)

 対応機種はiOS 9.0.0以降のスマートフォン/タブレットで、NTTドコモ以外のユーザーも利用可能。配信はApp Storeで行う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう