ニュース
» 2018年06月28日 18時00分 公開

プロ野球を好きな角度で観戦 KDDI、5Gを活用した自由視点映像のリアルタイム配信

KDDI、KDDI総合研究所、沖縄セルラー電話は、国際電気通信基礎技術研究所、サムスン電子の協力の下、5G対応タブレットを活用した自由視点映像のリアルタイム配信に成功したと発表。任意のアングルでスポーツ観戦が可能になるとしている。

[エースラッシュ,ITmedia]

 KDDI、KDDI総合研究所、沖縄セルラー電話は、6月27日に国際電気通信基礎技術研究所、サムスン電子の協力の下、5G対応タブレットを活用した自由視点映像のリアルタイム配信成功について発表した。

Photo 自由視点映像リアルタイム配信 操作イメージ

 今回の実験は、6月26日に沖縄セルラースタジアム那覇で開催された日本プロ野球公式戦の北海道日本ハムファイターズ対福岡ソフトバンクホークスで実施。スタジアムの観客席に5Gのエリアを構築し、バッターボックスに向けたカメラを16台設置して同じタイミングかつ多方向から打者を撮影した。この映像をもとに任意のアングルからの自由視点映像に加工し、ユーザーは10台の5Gタブレットを通じてバッターボックスの選手を好きな角度で視聴できる。映像のリプレイ再生も可能とした。

Photo システム構成

 ユーザーはモバイルを介した任意のアングルでのスポーツ観戦が可能となる他、遠隔でのイベント視聴でテレビ中継とは異なる臨場感を体感できる。また、実験では沖縄セルラースタジアム2階のコンコースには自由視点映像のリアルタイム配信とバッター視点の臨場感のあるライブ映像をVRで体感できる「au 5G体感」ブースも設置した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう