ニュース
» 2018年07月26日 17時05分 公開

資金運用サービス「THEO+ docomo」、dカードと連携した「おつり積立」機能を追加

NTTドコモの資産運用サービス「THEO+ docomo」が、7月26日に「おつり積立」機能を追加。dカード利用時に設定金額に対するおつり相当額を自動的に積み立て、運用可能になる。また、ドコモ口座での入出金にも対応する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモとお金のデザインは、7月26日に資産運用サービス「THEO+ docomo」へ「おつり積立」機能を追加した。

 dカードを利用の際、利用者自身で設定した金額(100円または500円単位)と商品の差額に対する相当額を自動的に積み立て、運用できるようになる。dアカウントに設定したdカードの利用が対象で、月ごとにユーザーが設定した金融機関の口座から「THEO+ docomo」の証券口座に入金する。

Photo おつり計算イメージ

 利用条件は本人名義のdカードを契約中であること(家族カードは対象外)、本人名義のドコモ回線を契約中であること、さらに「THEO+ docomo」の証券口座の名義が全て同一であること。

Photo 利用イメージ

 また、8月1日〜10月31日に「おつり積立」を開始したユーザーの中から抽選で100人に3000ポイントのdポイントをプレゼントするキャンペーンを実施。10月31日時点で10万円以上の運用(入金額の合計額)を行っており、12月31日まで継続して「THEO+ docomo」を運用していることが条件。ポイント付与は2019年1月末を予定。

 この他、証券口座からの出金先は金融機関の口座のみ設定が可能だったが、ドコモ口座の利用が可能になる。証券口座の入金や出金先としてドコモ口座を利用でき、証券口座との入出金手数料は無料。一度連携の設定をすれば2度目以降は不要となり、簡易な手続きで即時の入金ができるようになる。

Photo 利用イメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう