ニュース
» 2018年07月31日 16時06分 公開

IIJの法人向けフルMVNOサービス、国際ローミングが可能に

IIJは、7月31日に法人向けフルMVNO「IIJモバイルサービス/タイプI」へ海外でデータ通信が可能な「国際ローミングオプション」を追加。156の国・地域に対応し、通信量の上限値を設定しておく「上限キャップ機能」やセキュリティ機能を備えている。

[エースラッシュ,ITmedia]

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は、7月31日に法人向けフルMVNO「IIJモバイルサービス/タイプI」へ海外でデータ通信が可能な「国際ローミングオプション」を追加した。

 「IIJモバイルサービス/タイプI」はNTTドコモと連携し、コアネットワーク設備の一部である加入者管理機能(HLR/HSS)を自社で運用したサービス。利用形態に応じた多彩なプラン、柔軟なサービス展開を可能としている。

 国際ローミングオプションでは、海外156の国・地域でデータ通信が可能。データ通信量の上限値を設定しておく「上限キャップ機能」を備え、想定外のデータ通信によるコストの増加を防ぐ。通信量が上限に達すると通信は切断され、管理者側で段階的に上限を引き上げらる。

 接続先限定など通信制御機能によりセキュリティを強化する「IIJモバイルBiz+サービス」、閉域接続を実現する「IIJダイレクトアクセス」「IIJモバイル大規模プライベートゲートウェイサービス」と連携が可能。モバイル端末の接続先制限、IMEI認証、インターネットを経由しない社内ネットワークやクラウドへの閉域接続が可能になる。

 タイプIではSIM開通タイミングを選択でき、SIMの状態をアクティブ/サスペンドで切り替えできる「SIMライフサイクル管理」機能を有する。国際ローミングでも開通指示やアクティブ/サスペンドの切り替えが可能だ。

 オプション費用は、国・地域でゾーンに分けて費用を設定。中国や米国、欧州などが含まれる「ゾーン1」のメニューでは「従量」が1MBあたり15円、「準定額10MB」が10MBで150円、「準定額100MB」が100MBで1500円、「準定額500MB」が500MBで3850円、「準定額1GB」が1GBで7000円、「準定額3GB」が3GBで2万円で、それぞれ超過時は1MBにつき15円となる。

 インドやフィリピン、ロシアやエジプトなどが含まれる「ゾーン2」は従量課金のみで、1MBあたり500円。ブータンやイラク、グアムなどが含まれる「ゾーン3」は従量課金のみで、1MBあたり2500円。価格は全て非課税。

Photo 国際ローミングオプション費用
Photo 国際ローミングオプション 対応国/エリア(一部)

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう