ニュース
» 2018年08月08日 12時15分 公開

Fossil、「Wear OS」スマートウォッチ第4世代発表 心拍計やGoogle Pay、防滴追加

米ライフスタイルブランドのFossilが、GoogleのウェアラブルOS搭載の新スマートウォッチ「Q Venture HR」と「Q Explorist HR」の第4世代を発表。心拍計やGoogle Pay、GPSなどが追加された。米国での販売価格は275ドル。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米ライフスタイルブランドのFossilは8月6日(現地時間)、米GoogleのウェアラブルOS「Wear OS」(旧「Android Wear」)を搭載する「Fossil Q」シリーズの第4世代に当たる新スマートウォッチを発表した。

 fossil 1 ジェネレーション4誕生

 「Q Venture HR」と「Q Explorist HR」の2モデル。いずれもジェネレーション3とデザインはあまり変わらないが、心拍計が追加され、NFC搭載で「Google Pay」に対応した。さらに、GPSも搭載したことでスマートフォンと連携しなくてもアクティビティを追跡できる。また、シャワーや水泳OKの防滴になった。

 fossil 2 新機能

 Q Ventureのケースは40mm、Q Exploristは45mmというサイズの違いはあるが、性能は同じだ。米国での販売価格は2モデルとも275ドル(約3万600円)。

 fossil 3 Q Venture(左)とQ Explorist

 プロセッサは米QualcommのSnapdragon Wear 2100。Qualcommは年内にWear OS向けの新SoCをリリースするといううわさがある。

ニュース解説番組「NEWS TV」で記事をピックアップ

ITmedia NEWS編集部がYouTubeでお届けするライブ番組「ITmedia NEWS TV」で、この記事を取り上げています。ぜひ視聴・チャンネル登録をお願いします。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう