ニュース
» 2018年10月01日 21時30分 公開

完全キャッシュレス店舗「大江戸てんや」10月2日オープン

天ぷら・天丼専門店「てんや」を展開するテン コーポレーションが、完全キャッシュレスのセルフタイプ型店舗を東京・浅草に出店。4カ国語に対応する多言語タブレットで注文を受け付け、IT化による業務軽減と訪日外国人のニーズへ応えてた店舗運営を行う。

[エースラッシュ,ITmedia]

 テン コーポレーションは10月2日、「天丼てんや 浅草雷門店」(東京都台東区)を完全キャッシュレスのセルフサービス型店舗「大江戸てんや」としてオープンリニューアルオープンする。同店は訪日外国人客が9割を占める店舗で、完全キャッシュレス化と多言語対応のセルフ操作端末の設置を通して従業員と利用客双方の満足度向上を目指す。

PhotoPhoto 外観イメージ(写真=左)、店舗タブレット(写真=右)

 この店舗では、英語・中国語・韓国語・日本語の4カ国語に対応した多言語タブレットで注文を受け付ける。独自に開発したモバイルポス(mPOS)によって、店頭での管理業務を軽減ししつつ、幅広い決済手段への対応、注文からユーザーへの商品提供まで、店員を一元的にサポートできる体制を構築する。

Photo 4カ国語に対応した多言語タブレットの画面イメージ

 厨房にはキッチンディスプレイを設置。商品ごとに必要な天ぷら食材の組合せや数、盛り付け方法などの調理指示をイラストで表示する。従来のハンディターミナル(注文端末)や伝票を使った調理ではなく、シニアや外国人など多様な人材が働きやすいユニバーサルな環境づくりも推進する。

Photo キッチンディスプレイのイメージ

 訪日外国人客からの要望を踏まえ、同店では以下の決済方法に対応する。楽天Pay、やLINE Payなど、国内のモバイル決済も順次導入していく予定だ。

  • クレジットカード(Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners、Discover、銀聯【UnionPay】)
  • 各種電子マネー(交通系電子マネー、楽天Edy、iD、QUICPay 、WAON 、nanaco)
  • 中国のモバイル決済(支付宝【AliPay】、微信支付【WeChat Pay】)

 この他、松・竹・梅の天丼と野菜天丼、串天スタイルの天ぷら(テイクアウト専用)など海外からの利用者にも分かりやすいメニューを用意。フリーWi-Fiサービスとして「FON」も提供する。

Photo メニュー例

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう