ニュース
» 2008年04月04日 05時00分 UPDATE

Intel Developer Forum 上海 2008:インテルが考えるNettopとNetbookの“限界”

NettopとNetbookのローンチイベントとしての役割も果たしたIDF上海。その最後に行われたプレスブリーフィングではそれぞれの構成概要と既存PCとの違いが訴求された。

[長浜和也,ITmedia]

求められるのは「低価格に最適化した」こと

 トップエンドやハイエンド、そしてテクニカルセッションでは、Nehalemをはじめとする、最新の技術が取り上げられているIDF上海だが、コンシューマー向けのテーマとしては、開催初日に正式発表されたCentrino Atomと、そのプラットフォームを採用するローエンドPC「Nettop」「Netbook」が主役となった印象が強い。

 2008年のCeBITあたりから「急に」言葉が登場したNettopとNetbookは、IDF上海で複数の実働サンプルが展示され、ようやく目に見える形でその姿やスペックが明らかになってきた。4月3日に行われたNettopとNetbookに関するプレスブリーフィングで、IntelはNettopとNetbookの構成や価格イメージなどを紹介している。

 NettopもNetbookも、インターネットで提供されるサービスを利用できることと、2008年5月にベンダーに向けて出荷される予定の45ナノメートルプロセスルールを採用した低価格なCPU「Diamondville」(開発コード名)の搭載、コストを抑えるために最適化されたプラットフォームが、重要な要素として挙げられている。価格は、Nettopで100ドルから299ドルの間に、Netbookで399ドル以下を想定しており、2008年のローンチから2011年の4年間で67%の成長を見込む。

 45ナノプロセスルールのCPUは、これまで、低消費電力やハイパフォーマンスを訴求される場面が多かったが、Nettop、Netbookに使われるDiamondvilleでは、プロセスの微細化によるダイ面積の削減で1枚のウエハからの“収穫”が増え、そのおかげでCPUがローコストが実現するメリットをアピールした。

kn_pm03_01.jpg NettopとNetbookの三大コンセプトと2011年に向けての成長見込み
kn_pm03_02.jpg プロセスルールの微細化のおかげでCPUの価格を下げることが可能になった

「Atom N270」を搭載するNettop

 プレスブリーフィングでは、Nettop、Netbookそれぞれで予定されているハードウェア構成の概要も示された。それによると、Netbookに搭載されるCPUには「N270」というプロセッサーナンバーを持つAtomが示されており、チップセットは「Intel 945 GSE」「ICH7M」の組み合わせ、液晶ディスプレイのサイズは「10インチ以下」、512Mバイト、もしくは256Mバイトのメモリを搭載してOSはLinux、もしくは「Winodws XP Home」が導入される。そのほか、主要なスペックとしてはIEEE 802.11 b/g、10/100BASEの有線LAN、USB、もしくはパラレル ATA接続のSSDが2、4、8Gバイト、バッテリー駆動時間4時間、という値が定められている。オプションとしては、カメラの内蔵と防滴性能も求められる。

 Nettopの構成資料では、CPUのプロセッサーナンバーは示されていないが、Diaondvilleを搭載し、チップセットにIntel 945GCとICH7、グラフィックスコアはチップセットに統合されているIntel GMA 950を利用。メモリはDDR2-667を512Mバイト、もしくは1Gバイト実装し、導入されるOSはLinux、Windows XP、そして、Windows Vista Basicという構成が描かれていた。

kn_pm03_03.jpg Netbookの構成。CPUに「Atom N270」が示されている
kn_pm03_04.jpg Nettopの構成。OSには、Windows Vista Basicも挙がっている

リッチなPC体験をするならNetbookじゃ足りません

 NettopもNetbookも既存のバリュークラスデスクトップPCやノートPCとの違いが紹介されていたが、どちらも、インターネットで提供されるサービスを利用する分には十分だが、リッチコンテンツの利用やオフィスアプリケーションの使い勝手、データ加工/編集の処理能力、マルチタスク処理などで制約があることも合わせて説明している。また、質疑応答の中で出た「NettopとUMPCの違いは何か」という問いに対しては、「UMPCは企業向けとしての需要があり、日本と韓国で大きな市場がある」と答えた。

kn_pm03_05.jpg Nettop、エントリークラスデスクトップ、メインストリームデスクトップのそれぞれで「できること」「できないこと」を比べてみる。価格を抑えてTDPも低いNettopは、インターネットを利用する分には問題ないが、上位のデスクトップPCを使うことでユーザーができることと満足度は増える
kn_pm03_06.jpg 同じく、Netbookもインターネットサービスの利用する分には十分なスペックを持つが、通常のノートPCを使えば、ユーザーはより多くのことができるようになる

関連キーワード

Atom | Intel | CPU | ノートPC | UMPC | Centrino | 中国 | 45nmプロセス | Silverthorne | Menlow


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう