ニュース
» 2009年01月13日 11時00分 UPDATE

2009年PC春モデル:“質実剛健”なマイクロタワーモデルがクアッドコアを搭載――「VALUESTAR M」

マイクロタワー筐体を採用した「VALUESTAR M」シリーズは、CPUとチップセットを変更し、標準でRAID 0にも対応するなど、基本スペックを強化した。

[ITmedia]

新世代チップセットとクアッドコアCPUを搭載した春モデル

og_vm_001.jpg 「VALUESTAR M VM100/SH」。標準で液晶ディスプレイは付属しない

 ブラックとグレーで塗り分けられたマイクロタワー型モデル「VALUESTAR M」シリーズは、いわゆる“自作層”や買い換え/買い増しユーザーをターゲットにした製品で、2基の5インチベイと5基の3.5インチベイ(オープン×1、シャドウ×4)、PCI Express x16とPCI Express x1をそれぞれ1基、PCIスロットが2基備えるなど、豊富な拡張性が特徴だ。ラインアップは秋冬モデルと同様に「VM100/SH」の1モデルのみが提供される。

 春モデルでは、チップセットを従来のIntel G33 ExpressからIntel G45 Expressに変更し、CPUもデュアルコアのCore 2 Duo E7200(2.53GHz)から、クアッドコアのCore 2 Quad Q8200s(2.33GHz)に強化した。また、搭載HDD容量を1Tバイトに倍増し、「NEC Direct」の「VALUESTAR G タイプM」」でのみ選択可能だったRAID構成が標準仕様となった(RAID 0)。このほか、チップセットの変更にともなってグラフィックス機能もIntel GMA 3100(G33)からIntel GMA X4500HD(G45)にスペックアップしている。

 このほかの仕様は従来モデルと引き継いでおり、2Gバイトメモリ(PC2-6400)、2層対応DVDスーパーマルチドライブ、ギガビットLANを搭載。インタフェースとして、7メディアに対応したメモリカードスロットを本体前面に装備する。本体サイズは175(幅)×409(奥行き)×369(高さ)ミリ。CPU高負荷時でも騒音レベルを30デシベル以下に抑えた静音性設計は従来通りだ。OSは32ビット版Windows Vista Home Premium(SP1)。実売予想価格は12万円前後で、1月15日より出荷される予定だ。

VALUESTAR Mシリーズの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
VALUESTAR M VM100/SH セパレート型 アーキテクチャ変更 Core 2 Quad Q8200s(2.33GHz) 2048MB(DDR2) 1TB(500GB×2) Home Premium(SP1) 12万円前後
VALUESTAR Mシリーズの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV機能 重量
VALUESTAR M VM100/SH Intel G45 2層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 約11キロ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう