ニュース
» 2010年08月10日 18時10分 UPDATE

立ち読みは看板で:ソフトバンク クリエイティブがデジタルサイネージ端末で電子版ハーレクインコミックスを配信

ソフトバンク クリエイティブが、デジタルサイネージ端末「メディア ポール」向けにハーレクインコミックスの提供を始めた。

[ITmedia]

デジタルサイネージでコミックを立ち読み

ht_1008sk.jpg メディアポールで閲覧している様子

 8月10日、ソフトバンク クリエイティブと韓国の第一企画(Cheil Worldwide Inc.)が共同で、屋外設置型デジタルサイネージ端末「メディア ポール」を使った電子書籍の配信を開始した。まず提供されるコンテンツは、韓国語版のハーレクインコミックスだ。

 メディア ポールは、ソウル市カンナム地区の江南大路沿いに設置された高さ約12メートルのデジタルサイネージで、車道側の大型LEDや歩道側の大型LCD面のほかに、歩道面のタッチパネルで構成される。交通案内や近隣店舗の最新情報を掲載しているが、今回は歩道面のタッチパネルでハーレクインコミックスが配信され、1タイトルにつき20ページまで無料で立ち読みができるという。さらに続きを読みたい場合は、iPhoneで画面上のQRコードを読み込むと、App Storeにアクセスして全ページが閲覧可能なアプリケーションが購入できる。

 同社は今後、「配信権を保有するエンターテインメントコンテンツを、国内外のさまざまなデジタルサイネージ事業者に積極的に提供し、デジタルサイネージとコンテンツを融合した新しいコンテンツサービスの企画立案に挑戦していく予定」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう