ニュース
» 2011年02月25日 01時30分 UPDATE

Mac App Storeで配布:Mac OS X Lionのデベロッパプレビューがリリース

アップルはMac OS X LionのデベロッパプレビューをMacデベロッパプログラムメンバー向けにリリースした。Mac App Storeを通じて提供する。

[ITmedia]

 アップルは2月24日、Mac OS X Lionのデベロッパプレビューをリリースした。同日よりMacデベロッパプログラムメンバーに対してMac App Storeを通じて提供される。一般向けの発売予定は2011年夏だ。

 Mac OS X LionはMac OS Xの8番目のメジャーリリース。iPadにインスパイアされた新機能として、フルスクリーン表示とマルチタッチジェスチャーによる操作を積極的に取り入れている。

tm_1102_lion_01.jpgtm_1102_lion_02.jpgtm_1102_lion_03.jpg iPadのホーム画面のようにアプリケーションをフルスクリーンで並べて表示する「Launchpad」(写真=左)。開いているアプリケーションやウィンドウを1画面でふかんする「Mission Control」(写真=中央)。フルスクリーン表示のiPhoto(写真=右)

 Lionに含まれる主な新機能は以下の通り。

  • iPadのようにフルスクリーンのホーム画面にアプリケーションを並べて表示、整理できる「Launchpad」
  • Expose、Spaces、Dashboardを統合し、Macで動作中のアプリケーションやウィンドウを1画面でふかんできる「Mission Control」
  • アプリケーションのフルスクリーン表示、ワンクリックで表示切り替え可能
  • Webページや画像をズームインするピンチ操作、ページめくりやフルスクリーンアプリケーションを切り替える左右のスワイプ操作、Mission Controlに入る上方向のスワイプ操作などが利用できる新しいマルチタッチジェスチャー
  • Mac App Storeのプリインストール
  • ワイド画面レイアウトを採用し、関連メッセージを自動的にグループ化して単一のタイムラインに読みやすく表示する「会話」機能、検索機能を強化、Microsoft Exchange 2010にも対応したMailの新バージョン
  • セットアップなしでMacから別のMacへワイヤレスでファイルをコピーできる「AirDrop」
  • 作成した書類の連続するバージョンを自動的に保存し、簡単に修正履歴の確認、内容の編集、以前のバージョンに戻せる「バージョン」
  • Macやアプリケーションを再起動した場合、アプリケーションを最後に使った状態に戻せる「再開」
  • 作業中の書類を自動的に保存できる「オートセーブ」
  • 内蔵/外付けドライブを高速に暗号化、またMacから瞬時にデータ消去可能な新しい「File Vault」
  • 容易なサーバ設定を実現し、Mac OS X Lion搭載Mac、iPhone、iPad、iPod touchの管理に対応するMac OS X Lion Server

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-