ニュース
» 2011年09月12日 11時00分 UPDATE

2011年PC秋冬モデル:無線LAN機能を強化した重量1キロのミニノートPC――「LaVie Light」

Atom搭載のミニノートPC「LaVie Light」は、約1キロと軽量なボディが特徴だ。今回の秋冬モデルでは、無線LAN機能を強化した以外は、夏モデルとほぼ共通の仕様となっている。

[池田憲弘,ITmedia]

小型軽量低価格なミニノートPC、前モデルを継承して小リニューアル

photo 重量約1.06キロのミニノートPC「LaVie Light」(BL350/FW プラバーレッド)

 10.1型ワイド液晶ディスプレイを搭載するミニノートPC「LaVie Light」シリーズは、夏モデルと比較すると無線LAN機能の強化のみのマイナーチェンジとなった。カラーバリエーションはプラバーレッド、プラバーホライト、プラバーブラックの3色で、2011年9月15日に発売する。価格はオープンで、想定実売価格は6万円前後。

 主な仕様は、Atom N570(1.66GHz)とIntel NM10 Expressチップセットを組み合わせた基本システム、1Gバイトのメモリ、250GバイトのHDDを搭載し、10.1型ワイドの液晶ディスプレイは1366×768ドット表示に対応する。インタフェースは、USB 2.0を3基とUSB Duet(Mini USB)、SDHC/SDXC対応メモリカードスロット、100BASE-TX対応有線LAN、音声入出力などを備える。

 夏モデルからの変更点は、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANはIntel My Wi-Fiテクノロジーに対応したことだ。無線LANアクセスポイントを経由せずに、プリンタに接続して印刷できたり、他のPCとのファイル共有ができる。

 バッテリー動作時間は約4.8時間(標準バッテリー)で、オプションの大容量バッテリーを使えば約10時間となる。OSは32ビット版のWindows 7 Starter(SP1)を、オフィススイートは2年ライセンス版のOffice Personal 2010をプリインストールする。

 すり傷を自動で修復するスクラッチリペア加工の天板や、USB接続で他機種の光学ドライブを外付けの光学ドライブとして扱える「USB Duet」機能は従来通りだ。本体サイズは253(幅)×182(奥行き)×25.7〜27.7(高さ)ミリで、重量は約1.06キロとなる。

photophotophoto カラーバリエーションはプラバーレッド、プラバーブラック、プラバーホワイトの3色を用意する
LaVie Light店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD/SSD OS 実売価格
LaVie Light BL350/FW (3色) Netbook 無線LAN機能強化 Atom N570 (1.66GHz) 1GB (DDR3) 250GB 32ビット版 7 Starter (SP1) 6万円前後
LaVie Light店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
LaVie Light BL350/FW (3色) 10.1型ワイド 1366×768 Intel NM10 CPU統合 Office Personal 2010 (2年版) 約1.06キロ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう