ニュース
» 2012年03月27日 19時45分 UPDATE

SNSもRSSフィードも一括表示:ソニー、Sony Tablet用の“まとめ読み”アプリ「ソーシャルフィードリーダークラウド」

Sony Tablet用の新アプリ「ソーシャルフィードリーダークラウド」は、Fecebook、Twitter、Google Reader、YouTube、各種ニュースサイト、ブログの情報を一括表示できる。

[ITmedia]

日々の情報を1つのアプリでまとめ読み

tm_1203sfr_01.jpg 「ソーシャルフィードリーダークラウド」は、投稿された記事を画面左の「マイストリーム」に一括表示し、タップした記事の内容を画面右の「詳細ビューエリア」に表示する

 ソニーは3月27日、Androidタブレット「Sony Tablet」用の新アプリとして、「ソーシャルフィードリーダークラウド」を公開した。Google Playより無償でダウンロードできる。利用には、Sony Entertainment Networkのアカウント登録が必要だ。

 同アプリは、Sony Tablet S/Pにプリインストールされているアプリ「ソーシャルフィードリーダー」の機能強化版。1つのアプリ画面から複数のソーシャルサービスとRSSフィードの情報をまとめて表示できる。既存のソーシャルフィードリーダーが対応しているサービスのFecebookとTwitterに加えて、Google Reader、YouTube、各種ニュースサイトやブログサイトの情報も扱えるようになった。

 気に入った記事は「マイロッカー」に保存できるほか、FacebookやTwitterでシェアすることが可能だ。ソニーが提携しているニュースサイトやブログを購読できる「ディスカバリー」機能、FacebookのフレンドやフォローしているTwitterアカウント、RSSフィードごとに優先度を決めて表示順を最適化する「スマートソーティング」機能、特定サービスの情報のみ表示する「フィルタ」機能も持つ。

 なお、ソーシャルフィードリーダーのアプリを残したまま、ソーシャルフィードリーダークラウドを併用することもできる。

tm_1203sfr_02.jpgtm_1203sfr_03.jpg 気に入った記事は「マイロッカー」に保存できる(画面=左)。ソニーが提携しているニュースサイトやブログを購読できる「ディスカバリー」機能も備える(画面=右)

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

PC USER Shopping -PR-