連載
» 2012年12月27日 16時00分 UPDATE

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8」:最初に覚えたい必須操作──「ショートカット」編

「Windows 8を使い始めたけれど、なんか違う」と戸惑っているなら、楽に使える方法を“まとめて”覚えよう。今回は“正直”最も役に立つ「ショートカット」だ!

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]

ショートカットを覚えて、ぼくらは“8”を使う気になった

 Windows 8では新しいユーザーインタフェースでのタッチ操作に加え、従来のキーボードとマウス“だけ”でも操作が可能な仕組みを実装している。デスクトップ画面では、従来のWindowsで用意していたショートカットの多くがそのまま利用できるが、それとは別に「Windows 8スタイル」のUIを操作するためのショートカットを新たに追加している。なお、これまで紹介してきたWindows 8の各種テクニックや、Windows 8搭載PCの新製品情報なども、こちらの特集ページにまとめているので、あわせて参考にしていただきたい。

 ショートカットで操作できる機能は、意外と多岐にわたるが、ここでは、Windows 8の使いはじめにあたって、“取り急ぎ覚えておきたい”ショートカットを一覧形式でピックアップした。ここで紹介するショートカットを使えると、Windows 8の使い勝手が、“飛躍的”(あまり大げさな表現は使いたくないが、こと、Windows 8におけるショートカットは、それほどまでに威力がある)に向上する。なお、スタート画面において、キーボードを使ってタイルを選択する場合は、「カーソルキー」で選ぶタイルに移動して「Enter」で選択する。キャンセルは「Esc」を押せばいい。

「Windows+X」で楽になる!

 ショートカットで、操作がだいぶ楽になるWindows 8だが、そのなかでも、まず覚えておきたいのが、「Windows+X」の組み合わせだ。スタート画面でもデスクトップ画面でも使えるこのショートカットは、画面左下隅に、Windows 8を操作するメニューの一覧を表示する。リストにあるメニューから、「デスクトップ」「ファイル名を指定して実行」「エクスプローラー」「コントロールパネル」「タスクマネージャー」「デバイスマネージャー」など、これまでのWindowsでもよく使う機能を呼び出せるので、操作に要するステップがかなり節約でき、Windows 7世代のOSと変わらない操作が可能になる。

kn_win8ren0104_01.jpg 「Windows + X」の組み合わせは、最初に覚えておきたいショートカットだ。スタート画面からでも、デスクトップ画面からでも、利用する機会が多いWindowsの機能を、2ステップで呼び出せる

すぐに役立つ! ショートカット一覧!

スタート/アプリ/デスクトップで共通の操作

 なんといっても「Windows+D」のショートカットは、特にスタート画面で利用することが多くなる。また、「Windows+Z」のメニュー一覧表示や、「Windows+Tab」のアプリ切り替え、そして、「Windows+Space」のキーボード言語切り替えも、覚えておきたいショートカットだ。

ショートカット組み合わせ 操作
「Windows」+「Z」 メニュー一覧表示
「Windows」 「1つ前のアプリ」に戻る
「Windows」+「Tab」 アプリ切り替え
「Windows」+「Space」 「キーボード言語」または「キーボードレイアウト」切り替え
「Windows」+「Z」 アプリごとのメニュー画面表示
「Windows」+「D」 アプリ/スタート画面時:デスクトップ画面へ移動
「Windows」+「D」 デスクトップ画面時:すべてのウィンドウを最小化
「Windows」+「M」 デスクトップ画面に移動してすべてのウィンドウを最小化

チャーム(Charm)関連

 チャームで利用できる各メニューごとにショートカットを用意している。特に、「Windows+Q」のアプリ検索と「Windows+I」の設定チャーム表示、そして、アプリによっては「Windows+H」の共有チャームを使う機会が多くなるだろう。

ショートカット組み合わせ 操作
「Windows」+「C」 チャーム表示
「Windows」+「H」 「共有」チャーム表示
「Windows」+「K」 「デバイス」チャーム表示
「Windows」+「I」 「設定」チャーム表示
「Windows」+「Q」 「アプリ検索」チャーム表示
「Windows」+「F」 「ファイル検索」チャーム表示
「Windows」+「W」 「設定検索」チャーム表示

スタート画面関連

 スタート画面で利用するショートカットは、先に紹介した「Windows+X」のほかは、セマンティックズームのショートカットが便利だ。ただ、タイルの選択はカーソルキーで対応できるので、こちらを多用するユーザーも多くなるだろう。

ショートカット組み合わせ 操作
「PgUp」「PgDn」 画面スクロール
「Ctrl」+「+」「-」 セマンティックズーム

 このほかに、Windows 8で用意したショートカットを使いたい場合、Windows 8スタイル向けのものについては、こちらを、従来のショートカットやデスクトップ画面を含めたすべてのショートカットについてはこちらを、それぞれ参照してほしい。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.