ニュース
» 2014年01月07日 11時15分 UPDATE

これは予想の斜め上:パナソニック、Core i5搭載でファンレスの“7型”堅牢Windowsタブレット「TOUGHPAD FZ-M1」

パナソニックは、企業向けWindowsタブレット端末「TOUGHPAD」の新モデルを発表。CPUとして低消費電力タイプのCore i5を採用、独自の放熱設計でファンレス動作を可能としている。

[ITmedia]

 パナソニックは1月7日、企業/法人向けとなるWindowsタブレット端末「TOUGHPAD」の新モデル「TOUGHPAD FZ-M1」シリーズを発表、3月上旬に販売を開始する。価格はオープン、実売価格は約19万円からの見込み。

photophoto TOUGHPAD FZ-M1

 FZ-M1シリーズは、1280×800ドット表示/10点マルチタッチ操作対応の7型ワイド液晶を内蔵したWindowsタブレットPCで、CPUとしてCore i5-4302Y(1.6GHz)を搭載。独自の放熱設計を導入したことでファンレス動作を可能としており、IP65準拠の防水/防塵設計も実現した。また150センチの高さからの落下試験をクリアした耐衝撃デザイン筐体もあわせて採用している。

 搭載OSは、Windows 8.1 Pro 64ビット搭載モデルのほか、Windows 7 Professional 32ビット(Windows 8.1 Proからのダウングレード)モデルも用意。またそれぞれに、Xi(LTE)対応ワイヤレスWANモジュール搭載モデルをラインアップしている。

 バッテリー駆動時間は標準で8時間。バッテリーはユーザー側が交換可能で、オプションのLバッテリー装着時は16時間の長時間駆動を実現できる。またユーザーのニーズにあわせ、バーコードリーダーやスマートカードリーダー、NFCカードリーダーなど各種オプションを内蔵することも可能だ。

 メモリは4Gバイト、ストレージは128GバイトSSDを搭載。ほかIEEE802.11a/b/g/n/ac無線LAN、Bluetooth 4.0、Webカメラ2基(200万+500万)、USB 3.0、microSDカードスロットなども装備。また標準でvProテクノロジーにも対応した。本体サイズは202.7(幅)×132(奥行き)×18(高さ)ミリ、重量は約540グラム(ワイヤレスWAN搭載モデルは約550グラム)だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.