ニュース
» 2015年05月19日 22時14分 UPDATE

22万4800円から:アップル、感圧タッチトラックパッドを採用した「15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル」を発表

15インチMacBook Pro Retinaも感圧タッチトラックパッド仕様に。外部GPUを搭載する上位モデルはRadeon R9 M370Xを採用した。

[ITmedia]

 アップルは5月19日、2880×1800ピクセル(220ppi)のRetinaディスプレイを搭載する15インチMacBook Proをモデルチェンジし、同日よりApple Storeおよび直営店などを通じて販売を開始した。

og_mbp_001.jpg 15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル

 ラインアップは、外部GPUの有無で2モデルが用意される。下位モデルは2.2GHz Core i7(最大3.4GHz)を搭載し、16Gバイトメモリと256GバイトSSD、CPU内蔵のIris Graphicsという構成で22万4800円。上位モデルは、2.5GHz Core i7(最大3.7GHz)と16Gバイトメモリ、512GバイトSSD、グラフィックスにRadeon R9 M370Xを搭載した構成で28万2800円だ。

 新モデルでは、13インチMacBook Proと同様に感圧タッチトラックパッドが採用されたほか、より高速なインタフェースのSSDを採用、さらにバッテリー駆動時間を従来よりも1時間延ばし、ワイヤレスWebブラウジング時/iTunes動画再生時ともに約9時間をうたっている。

 インタフェースは、SDXC対応SDメモリーカードスロット、USB 3.0×2、Thunderbolt 2×2、HDMI出力、ヘッドフォンなど。なお、仕様をカスタマイズできるCTOでは、2.8GHz Core i7(最大4GHz)や最大1TバイトSSDなどがオプションとして用意されている。

og_mbp_002.jpg MacBookや13インチMacBook Proと同様に、強めのクリックを認識する感圧タッチトラックパッドを採用。強めのクリックで範囲指定した単語の意味を調べたり、Finderでファイルのプレビューなどができる

 米Appleのワールドワイドマーケティング担当上級副社長であるフィル・シラー氏は、今回の15インチMacBook Pro Retinaの投入について、

新しいMacBookと改良された13インチMacBook Pro Retina Displayモデルへの反応は素晴らしいものです。そして今日、新しい感圧タッチトラックパッドと、より速いフラッシュストレージ、そしてより長いバッテリー駆動時間を15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデルに搭載できることをとてもうれしく思います

とコメントしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-