連載
» 2015年05月22日 18時35分 UPDATE

週末アップルPickUp!:値上がり続くアップル製品――あのシリーズだけは円安の影響受けず

円安ェ……。

[らいら,ITmedia]

 アップルは5月20日、Mac mini、iMac、Mac Proの価格改定を実施しました。為替の影響とみられています。販売価格と値上げ幅は以下のとおり(すべて税別)。

og_apple_001.jpg 値上がりばっかり!(伊達公子風に)

Mac Mini
モデル 価格 値上げ幅
1.4GHzモデル 5万8800円 6000円
2.6GHzモデル 8万2800円 8000円
2.8GHzモデル 11万8800円 1万2000円

iMac
モデル 価格 値上げ幅
21.5インチ/1.4GHzモデル 12万6800円 1万円
21.5インチ/2.7GHzモデル 14万8800円 1万円
21.5インチ/2.9GHzモデル 17万2800円 1万4000円
27インチ/3.2GHzモデル 20万8800円 1万4000円

Mac Pro
モデル 価格 値上げ幅
クアッドコアモデル 34万8800円 4万円
6コアモデル 46万8800円 5万円

 2014年10月に発表されたMac miniシリーズがもう値上げとは驚きです。一方、同時発表された27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルは、1ドル=約112円で算出された25万8800円の据え置き価格のままでした。

 5月19日に販売開始した同機種のエントリーモデルは、1ドル=約119円の計算なので、27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルのほうがお得と言えます。次はいつ価格改定されるか分からないので、狙っている人は今が買い時かもしれません。

 しかし計算してみると、為替レート的にもっとお得な製品を見つけました。

 その前に、この半年でどんな製品がいつごろ価格改定されたかを振り返ってみましょう。過去のニュースを見ればお得な製品を突き止めるヒントがあります。ちなみに為替の影響を受けていない価格調整(米での販売価格変更など)は除外しています。

2014年11月

2015年3月

 3月にはほかにも15型Macbook ProやAir Macシリーズ、Lightningケーブルなど純正アクセサリの価格改定があり、値上げラッシュの月となりました。また、「MacBook Air」シリーズはモデルチェンジの際に値上げがありました。

2015年4月

2015年5月

  • Mac mini、iMac、Mac Proの価格改定

 以前から販売されている人気シリーズで、実はこの中に値上げのニュースが出てきていないアップル製品があるのですが、気づきましたか? そうですiPadです。

  • iPad Air 2 Wi-Fi 16GB 53800円/499ドル(1ドル=約108円)
  • iPad Air Wi-Fi 16GB 42800円/399ドル(1ドル=約107円)
  • iPad mini 3 16GB 42800円/399ドル(1ドル=約107円)

 米オンラインストアの価格と比較すると、iPadシリーズの多くは1ドル107円〜108円のレートのままでした。アップルの主力商品であるiPhoneは早々に円安を反映する一方、売上が縮小傾向にあるiPadはお値段据え置きなんですね。

og_apple_002.jpg OANDAの為替レート履歴より、2013年5月〜2015年5月のドル円相場。2014年10月末を境に急激な円安傾向にある

 現在の円相場は1ドル120円台(5月22日現在)なので、いつ値上がりしてもおかしくない価格設定です。これ以上の売上減を避けるために値上げはしない可能性もありますが、結局のところ価格はアップルのみぞ知る。iPadが欲しい人は早くしろっ!! 間にあわなくなってもしらんぞーーっ!!

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-