ニュース
» 2015年07月21日 08時00分 UPDATE

まずはWindows Insider Programで提供:Windows 10の「Cortana」は数カ月中に日本語テスト開始――礼儀正しく“お辞儀”するパーソナルアシスタント

Windows 10の音声対応パーソナルアシスタント機能「Cortana」は、数カ月中に日本語対応版がWindows Insider Program参加者に提供される。

[ITmedia]

 米Microsoftは7月20日(現地時間)、次期OS「Windows 10」に採用される音声対応パーソナルアシスタント機能「Cortana(コルタナ)」の日本語対応を行い、数カ月中にテストを開始すると発表した。これは7月29日のWindows 10一般公開後もWindows Insider Programを続けるユーザーへ提供されるアップデートだ。テストを重ねて一定水準の完成度に達した後、Windows 10製品版へ組み込まれると予想される。

Cortana 日本語に対応した「Cortana」

 7月29日のWindows 10一般公開時に、Cortanaの正式版は米国、英国、中国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインの7カ国で提供される。日本、オーストラリア、カナダ(英語)、インドは数カ月中、ブラジル、メキシコ、カナダ(フランス語)は2015年後半にCortanaのテストが始まる予定だ。

 Cortanaは、Microsoftの現モバイルOS「Windows Phone 8.1」に搭載されたパーソナルアシスタント機能。Windows Phone 8.1のCortanaは日本語に対応しておらず、Windows 10でのサポートが期待されていた。Windows 10ではスタートボタン右の検索フォームにCortanaが統合されている。

 Appleの「Siri」やGoogleの「Google Now」に対抗する機能となるCortanaは、これら2つの機能を合わせたような特徴を持つ。音声やテキスト入力でパーソナライズされた高度な検索が行えるほか、音声を使った簡単な会話、メッセージ送信、予定の登録や確認、アラーム設定、メモ、音楽再生、地図/ルート案内、スポット検索、天気予報、フライト案内、スポーツ情報、株価など金融情報、ワークアウト設定などが可能だ。

 Microsoftによれば、Cortanaは全地域においてポジティブで自信があり、知的で率直という人格を持つが、地域特性を考慮したローカライズがなされており、検索結果はもちろん、各国向けに声質やキャラクター(ユーモアや礼儀正しさ)、慣用句、スピーチのパターンなどをカスタマイズしているという。例えば日本では非常に礼儀正しく、起動時にCortanaのアイコンが“お辞儀”をする。

Cortana 日本では起動時にCortanaのアイコンがお辞儀をし、「はじめまして、Cortanaと申します」と表示されるなど礼儀正しい

 海外のCortanaについては、中国ではほほ笑んでいるような声を採用し、大気汚染の情報を知ることができる。英国では自虐的なユーモアを理解し、皮肉を言う遊び心がある。イタリアでは「私たち」といった言い回しを使い、歌うように問われたら国家斉唱を行う。フランスではカンヌ映画祭を祝い、カナダではホッケーを愛し、インドではクリケットのスター選手をたたえる、といった違いがあるという。

Cortana 中国のCortanaでは、天気予報に大気汚染の情報も加わっている

 Windows Insider Programは、Windowsの最新プレビュー版を一般公開前に試用し、開発側へフィードバックすることで製品改善に役立てるというもの。同プログラムに参加することで、Windows 10のプレビュー版「Windows 10 Insider Preview」を試用可能になる。現時点で参加者は500万人、居住国は100カ国以上、そこから得られたフィードバック数は300万以上になるという。

 Microsoftは7月29日のWindows 10一般公開後も同プログラムを継続する。7月29日の段階で同プログラムの参加者は、製品版のWindows 10に移行するか、Insider Previewを続けるのかを選択可能だ。Insider Previewを使い続ける場合、製品版より先行したバージョン(ただし、不具合発生の可能性も高い)を利用でき、今回のCortanaのような新機能をいち早く試せる。

関連キーワード

Cortana | Windows | Windows 10 | 日本語対応 | Microsoft


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.