ニュース
» 2015年10月15日 16時00分 UPDATE

米国ではSurface Bookが好調:新Surfaceの国内発表は10月22日――Pro 4とBookが出てくるか?

10月22日14時に日本マイクロソフトは「Windows 10搭載Surface新製品」の記者発表会を開催する。「Surface Pro 4」と「Surface Book」の国内販売が期待されるが……。

[前橋豪,ITmedia]

 日本マイクロソフトは、10月22日14時に「Windows 10搭載Surface新製品」の記者発表会を都内で開催する。10月15日に報道関係者へ案内した。

 発表会には同社の代表執行役社長である平野拓也氏と、米MicrosoftのSurface & Windows Hardware セールス&マーケティング担当であるブライアン・ホール氏が出席するほか、ゲストの登壇も予定しているという。

 発表内容は「Windows 10搭載Surface新製品の日本での展開に関して」とされており、具体的なモデル名の言及はないが、時期的に米Microsoftが10月6日(米東海岸時間:EDT)に発表したSurfaceシリーズ新機種の国内販売モデルと予想される。

 米国で発表済みのSurfaceシリーズ新機種とは、12.3型Windowsタブレット「Surface Pro 4」と13.5型2in1ノート「Surface Book」の2製品で、これらが日本でいつ発売されるのか、また円安傾向で価格設定がどうなるのかに注目が集まるところだ。

Surface Book/Surface Pro 4 13.5型2in1ノート「Surface Book」(左)、12型Windowsタブレット「Surface Pro 4」(右)

 ただし、これら2製品が同時に国内で販売開始にならない可能性もある。既に日本市場の実績が豊富なSurface Proシリーズの新モデルであるSurface Pro 4は、恐らく早いタイミングで販売が開始されるとみられる。

 一方のSurface Bookは、今までにないMicrosoft初のノートPC製品であり、「MacBook Pro」を競合製品に掲げながらも、仕様や価格帯(1499米ドルから)は国内大手PCメーカーのハイスペックノートPCなどと重なってくるため、特にOEMパートナーとの関係性を重視する日本法人がどのように判断するかで、国内投入の時期は変わってくるかもしれない。

 また、米国で発表翌日にSurface Bookの予約受付を開始したところ、オンラインのMicrosoft Storeでは既に完売となる人気ぶりで、単純に日本向けの生産数を絞り込む、あるいは販売開始までに時間を要することも考えられる。

 こうした点にも着目して10月22日の国内発表を待ちたい。

Surface Pro 4 Surface Pro 4は、12.3型タブレットPC本体に、画面保護カバーを兼ねた薄型軽量の「Type Cover」を組み合わせた構成だ
Surface Book Surface Bookは合体時に見た目がクラムシェルノートPCそのものになる「着脱式キーボード」を採用。こちらもタブレット部(Clipboard)のみ取り外して利用できる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.