ニュース
» 2016年04月15日 18時10分 UPDATE

「ストレージ分野において技術的リーダーシップを取る」――インテルが都内でサミットを開催

インテルが、ストレージソリューションへの取り組みを紹介する「Storage Builder Executive Summit」を開催した。

[山口恵祐,ITmedia]

 インテルは4月15日、同社の最新ストレージ・ソリューションについて紹介する「Storage Builder Executive Summit」を都内で開催した。

「Storage Builder Executive Summit」 「Storage Builder Executive Summit」
米インテルのストレージ事業部ディレクター グレン・ウェインバーグ氏 米インテルのストレージ事業部ディレクター グレン・ウェインバーグ氏

 イベントでは、米インテルのストレージ事業部ディレクター グレン・ウェインバーグ氏が登壇し、同社のストレージ分野における取り組みを説明した。

 ストレージ分野におけるインテルの役割として、「73社以上のインテルストレージビルダーによるオープンエコシステムの構築」や「クラウドやエンタープライズにおけるエンドユーザーへの技術発信」「『Xeon』といったストレージに最適なプロセッサの開発」「『インテル インテリジェント・アクセラレーション・ライブラリー』のようなストレージ向けソフトウェアの最適化」「『3D XPoint Technology』やSSDといった不揮発性メモリ」の複数分野において、技術的リーダーシップを取ることだと述べた。

ストレージにおけるインテルの役割 ストレージ分野におけるインテルの役割

 同氏によれば、インテルはエンタープライズやクラウド事業者に向けて、コスト効率の高いストレージソリューションを提供するためにデータセンターストレージへの投資も行っているという。

 ストレージ・ワークロード(=負荷)に対する最適化を、プロセッサや3D Xpointテクノロジーをベースにした新しい「Optaneテクノロジー」によって、ハードウェアの面でアプローチすること、さらにプロセッサでのパケットI/Oの高速化と、最適化した複数のライブラリによって高いパフォーマンス、データの整合性、セキュリティ、重複排除、圧縮をソフトウェアの面からも実現するという。さらに、パートナーとの連携により、新しいストレージ・ビルダーズ・プログラムや、OpenStackやオープンストレージ標準化への貢献、NVMe Over Fabricの標準化などによって次世代ストレージの技術革新を促進するエコシステムも構築していくという。

データセンターストレージへの投資 データセンターストレージへの投資

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう