ニュース
» 2009年10月15日 14時53分 UPDATE

日本電子専門学校、ケータイ・アプリケーション科の全学生に「iPhone 3GS」を配布

日本電子専門学校とソフトバンクテレコムが、2010年4月に新設する「ケータイ・アプリケーション科」の全学生に「iPhone 3GS」を配布すると発表した。将来的には全学生への配布も視野に入れているという。

[園部修,ITmedia]

 日本電子専門学校とソフトバンクテレコムは10月15日、2010年4月に新設する、携帯電話向けアプリケーション開発技術者育成学科「ケータイ・アプリケーション科」に入学する学生に「iPhone 3GS」を配布すると発表した。将来的には、約3000人いる全学生への導入も視野に入れているという。

 iPhone 3GSの導入は、ソフトバンクテレコムが担当する。具体的には、以下のような活用方法を考えているという。

  • 「MCPCモバイルシステム技術検定」対策をe-Learningで実施し、単位を認定する。
  • 講義映像をPodcastingで公開する。配布資料もダウンロード可能にし、いつでもどこでも学習できるようにする。
  • アプリケーション開発実習のターゲットマシンとして、実習授業で活用する。
  • 開発したアプリケーションをApp Storeへアップロードする体験実習を行う。
  • 学生と教員のユニファイド・コミュニケーション・ツールとして使用する。

 新設予定のケータイ・アプリケーション科は、スマートフォン上でのアプリケーション開発ができるエンジニアを育成する目的で設置された学科。ネットワークでのアプリケーション配布というビジネスモデルも教育する。

 また日本電子専門学校では、2009年10月からゲーム企画科で試験的にiPhone 3GSを一部導入しており、ゲームプレイの評価などに使用しているほか、iPhoneの各種インタフェース機能やセンサー機能を体験的に学習しているという。

 日本電子専門学校は、ソフトバンクモバイル認定「ソフトバンクソリューションプロバイダー(SSP)」として、学校法人としては初めてケータイに関する最新の技術情報を活用した授業を行い、ゲーム、音楽、動画などのコンテンツ開発技術などを含む、ITスキルが身につく授業を提供する計画。ソフトバンクテレコムとソフトバンクモバイルは、日本電子専門学校のケータイ・アプリケーションの企画/開発に取り組むエンジニア育成に全面的に協力する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.