ニュース
» 2011年07月07日 16時23分 UPDATE

ソフトバンクが15カ月連続トップも、各社夏モデル投入で純増シェアに変化――2011年6月契約数

TCA(電気通信事業者協会)が2011年6月末時点での携帯電話・PHS契約数を発表した。純増数トップはソフトバンクモバイルで、2010年4月以降15カ月連続。しかし各社の夏モデルが出そろったことで、純増シェアに微妙な変化も出てきている。

[平賀洋一,ITmedia]

 電気通信事業者協会(TCA)は7月7日、2011年6月末時点での携帯電話・PHS契約数を発表した。6月の契約純増数は57万5600件。総契約数は1億2524万500件と、前月比では0.5%、前年同月比では6.5%の増加となった。

グループ名 2011年6月純増数 累計
NTTドコモ 15万4000
 2in1:−7100
5841万4800
 2in1:37万1300
KDDI 10万2200 3335万2200
ソフトバンクモバイル 19万1700
 DN:−500
2613万8700
 DN:3万1200
イー・アクセス 7万3700 334万1000
携帯総計 52万1600 1億2124万6700

 6月度の純増トップは19万1700回線を獲得したソフトバンクモバイルで、同社の純増1位は2010年4月以降15カ月連続となった。純増数が20万回線を下回るのも15カ月ぶりのことで、同社広報室は「ホワイト学割 with 家族 2011キャンペーンの終了により、純増数はいったん落ち着きをみせた」と理由を分析している。しかし、6月11日にはじまった、のりかえキャンペーン for iPhone 4の効果などもあり、4月から6月の第一四半期の純増合計数は過去最高を記録した。

 純増2位となったのは、15万4000契約のNTTドコモ。「GALAXY S II SC-02C」「MEDIAS WP N-06C」など前評判の高い機種が相次いで発売されるなど、スマートフォンのラインアップ充実が好条件となった。また、「震災の影響を受けていた部品の調達もめどがつき、増産計画を前倒ししたのも功を奏した」(ドコモ広報部)とのことで、店頭での品薄が解消された影響も大きかったようだ。

 3位は純増10万2200回線のKDDI。「INFOBAR A01」や「Xperia acro IS11S」など話題のスマートフォンが発売されたが、6月上旬の新機種買い控えなどもあり、月間純増数の伸びにはいまひとつつながらなかった。ただし、「発売された新機種の初動は好調」(KDDI広報部)とのことで、7月以降の巻き返しに期待がかかる。

 イー・アクセスは純増が7万3500契約と、4月から7万回線台を維持している。夏モデルの発表とあわせ、6月17日からは下り最大42Mbpsの高速通信が可能な「EMOBILE G4」を月額3880円に値下げするキャンペーンを実施し、データ端末の販売促進を強化。このおかげか売れ筋の「Pocket WiFi」シリーズでは、「従来型のD25HWに変わって、GP01が社内シェアでトップに変わった」(イー・アクセス広報部)という。また、7月からは2台目3台目の音声端末を実質無料で契約できるキャンペーンを行うなど、音声サービスの普及にも力をいれている。

Photo 純増数の推移

Photo 純増シェアの推移

MNP利用状況 差し引き
NTTドコモ −3万3900
KDDI −1万8800
ソフトバンクモバイル 5万2800
イー・モバイル −200

 番号ポータビリティ(MNP)制度の利用実績は、NTTドコモの転出超過が一段落し−3万3900件。KDDIも−1万8800件と4カ月ぶりに2万件を下回った。イー・モバイルは−200の転出超と、先月よりも転出が微増している。ソフトバンクモバイルへの転入は5万2800件と、依然として1人勝ちの様相だ。

Photo MNP利用状況の推移

2011年6月純増 累計
・システム別
NTTドコモ(LTE) 4万8800 12万1400
NTTドコモ(W-CDMA) 19万7800 5732万4000
NTTドコモ(PDC) −9万2600 96万9400
au(CDMA2000 1x) 11万700 3322万8300
au(cdmaOne) −8500 12万3800
ソフトバンクモバイル(W-CDMA) 19万1700 2613万8700
イー・モバイル(W-CDMA) 7万3700 332万8300
合計 52万1600 1億2124万6700
・プリペイド契約
NTTドコモ −1700 1万6500
au −3000 28万6900
ソフトバンクモバイル 9800 88万2500
イー・モバイル 1900 9万1200
合計 6900 127万7100
・通信モジュール
NTTドコモ 2万9000 203万200
KDDI(auモジュール系サービス用回線数) 2万2300 158万7900
ソフトバンクモバイル 4万1300 146万7400
合計 9万2500 508万5500
・IP接続サービス
iモード/spモード(NTTドコモ) 20万2800 5074万6400
EZweb/IS NET(KDDI) 5万8500 2768万4400
Yahoo!ケータイ(ソフトバンクモバイル) 15万5100 2021万8800
EMnet(イー・モバイル) −100 3万3900
合計 41万6400 9868万3500

PHSの回線数がまもなく400万契約に復帰

 ウィルコムの契約者数は純増5万4000件と、13万回線を記録した前月の半分以下にとどまった。だが、PHSのみの回線数は399万3800件と、400万回線への復帰はもう秒読みという段階だ。WILLCOM CORE 3Gの契約数は7600件の純増となり、累計で15万7200回線となっている。同社はソフトバンクモバイルとの連携を強化しており、「X PLATE」とソフトバンクモバイルのDELL製Androidスマートフォン「DELL Streak」とのセット販売や、「ULTRA SPEED」へのアップグレードキャンペーンなど、3G回線の比率は今後も増えていくものと思われる。

 6月16日に100万契約の突破を発表したUQコミュニケーションズは、6万100契約の純増となり、6月末現在の累計契約数は103万300件だった。UQコミュニケーションズは2009年2月に商用サービスを開始。約2年で100万契約にまでこぎ着けた。

ウィルコム 2011年6月純増 累計
PHS 5万4000 399万3800
WILLCOM CORE 3G 7600 15万7200
6万1600 415万1000

UQコミュニケーションズ 2011年6月純増 累計
UQ WiMAX 6万100 103万300

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.