ニュース
» 2012年02月14日 20時53分 UPDATE

アプリマーケティングツール「QuerySeeker Analyze」がWindows Phoneアプリに対応

スマートフォン向けアプリケーションのマーケティングツール「QuerySeeker Analyze」を開発・販売するクエリーアイが2月14日、新たにWindows Phone Marketplaceの分析をサポートした。

[園部修,ITmedia]
Photo QuerySeeker AnalyzeがWindows Phone Marketplaceの情報取得にも対応

 クエリーアイが2月14日、スマートフォン向けアプリケーションマーケットのランキング変動などを追跡・分析するマーケティングツール「QuerySeeker Analyze」でWindows Phone Marketplaceの分析に対応したことを明らかにした。データは2011年12月以降のものが参照できる。iOSアプリのApp Store、AndroidアプリのAndroid Marketに加えて、Windows PhoneアプリのWindows Phone Marketplaceもサポートし、3つのプラットフォームのクロス分析が可能になった。

 QuerySeeker Analyzeの最新版では、主要7カ国(日本、米国、英国、フランス、スペイン、ドイツ、イタリア)のWindows Phone Marketplaceの1時間毎のランキングデータの取得に対応。またユーザーが指定したアプリマーケットの概況や、自社・他社のベンチマークとするアプリの動向を自動的にまとめ、一覧表示するレポーティング機能も用意した。レポートは関係者にメールで自動配信できる。

 App Store、Android Market、Windows Phone Marketplaceのランキング変動は、Twitter上のツイート、インターネットメディアの記事など、クエリーアイが常時蓄積している情報と組み合わせ、口コミ(ツイート)による情報拡散とアプリの売れ行きの変動を関連づけて分析ができる。アプリのマーケティング担当者が、アプリのダウンロード数を最大化するための計画立案や予測をサポートする。このネット上の口コミと商材の売れ行きの変動をリアルタイムに関連づけて分析できるシステムは、クエリーアイが特許を出願している。

 価格は初期費用が15万5400円、月額費用が1カ国あたり15万5400円。

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-